ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DEEN・池森秀一プロデュースのシンガー・Ryo、デビューシングルが侍ジャパン中継テーマソングに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月7日に発売されるRyoのデビュー配信シングル「HOMARE」が、BS-TBSの侍ジャパン(U-18他)中継テーマソングに決定した。

今回、「HOMARE」をプロデュースしたのはDEENのボーカル・池森秀一。池森はRyoの叔父にあたり、同じヴォーカリストとしてRyoの才能に惚れ込みプロデュースするに至った。

Ryoは、元々野球少年で余市リトルシニアから駒大苫小牧、そして東日本国際大学と野球漬けの青春時代を過ごし、大学卒業後は一転シンガーを目指し活動をスタート。

この度、池森がプロデュースするダイヤモンドレコードより「HOMARE」でデビューすることとなった。

「HOMARE」は、少年時代から野球を通じて育んできた夢・希望・仲間を大切にする気持ちを歌う、辛い時も前を向く勇気をくれるメッセージソングになっている。

なお、この曲は福岡ソフトバンクホークス松田宣浩選手の登場曲に決定している。

松田選手 コメント
ファンの方々や仲間に祝福されて、ヒーローインタビューに立っているような気持ちにさせる曲ですね。これからのシーズン終盤、V3に向けて、この曲で「勝つんだ!」という気持ちをさらに奮い立たせ、戦い抜きたいと思います。

リリース情報
配信シングル「HOMARE」
配信日:2016年9月7日(水)
配信先:iTunes / mora / レコチョク / music.jp / dwango.jp / オリコンミュージックストア

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。