ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日、楽天が定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」の提供を、iOSおよびAndroidアプリにて開始した。

「Rakuten Music」は、“One-Stop Music Service”をコンセプトに、音楽を好きなだけ聴けるだけでなく、気に入った楽曲のCDなどをスムーズに購入できるよう設計開発されたサービス。

利用登録したユーザーは、スマートフォンやタブレットで、J-POPの最新ヒット曲から洋楽の名盤・名曲まで、約300万曲の邦楽・洋楽の中から好みの楽曲やアーティストを選び、いつでもどこでもストリーミング再生で楽しむことができる。楽曲は随時追加予定で、年内を目処に2,000〜3,000万曲の提供を目指す。

また、検索結果ページや各アーティストの情報ページには、「楽天ブックス」で取り扱うCD、音楽関連のDVD・ブルーレイ商品も表示され、商品名をタップすると「楽天ブックス」で商品を購入する際に利用できる「5% OFFクーポン」を獲得できるだけでなく、「楽天ブックス」ページへそのまま遷移して商品をすぐに購入することができる。

さらに、ユーザーのサービス利用履歴に基づき、個々人の嗜好に最適化した選曲やプレイリストの紹介をする「レコメンド」機能も充実しており、サービスを使いこむほどにユーザーの嗜好性に合ったプレイリストや楽曲が提案され、シーンや気分に応じて様々な楽曲と出会うことができる。

「Rakuten Music」では、約1カ月間、すべての機能が利用可能で全楽曲が聴き放題となる「スタンダードプラン」が用意されている。

料金は、「楽天ID決済」を利用すると30日あたり980円(税込)、Apple IDで決済する場合は、1カ月あたり1,080円(税込)。サービス利用登録日から最初の約1カ月間は、無料で楽しむことができる。

また、サービス利用契約後は、20時間楽曲を再生できる「ライトプラン」への変更も可能。「ライトプラン」は「楽天ID決済」の場合、30日あたり500円(税込)、Apple IDで決済する場合は、1カ月あたり600円(税込)となる。

なお、サービス開始を記念して、本日から8月31日までの期間、「Rakuten Music」を「楽天ID決済」で初めて申し込み、 10月1日まで継続利用すると、「楽天スーパーポイント」500ポイントをプレゼント。

また、「Rakuten Music」を入会から翌々月の1日まで継続利用するユーザーは、会員期間中、毎週水曜日に「楽天市場」または「楽天ブックス」で買い物をすると、ポイントを通常の3倍獲得できるキャンペーンも実施する。

国内の有料音楽配信市場で定額制(サブスクリプション型)サービスのシェアが拡大するなか、楽天は、デジタル音楽配信とEコマースを融合させ、利便性に優れた新しいサービスをユーザーに提供するとともに、CDや音楽DVDなどのパッケージメディアの販売も促進し国内の音楽業界全体の活性化を図る。

「Rakuten Music」キャンペーンページ
http://books.rakuten.co.jp/event/music/campaign/ichiba/

定額音楽配信サービス「Rakuten Music」サービス概要
「Rakuten Music」
配信:App Store / Google Play
推奨環境:iOS版 iPhone5/iOS8.0以降/Android版 Android OS 4.4以降
http://books.rakuten.co.jp/music/(PC)
http://music.rakuten.co.jp/(スマートフォン)
<アプリダウンロードURL>
https://itunes.apple.com/jp/app/id1073815664?mt=1(iOS版)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rakuten.music(Android(TM)版)
<利用料金>
「スタンダードプラン」(初月無料)
楽天会員ID決済:30日間980円(税込)
Apple ID決済:月額1,080円(税込)

サービス入会後、以下のプランへの変更も可能。
「ライトプラン」
楽天会員ID決済:30日間 500円(税込)
Apple ID決済:月額600円(税込)

関連リンク

楽天

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP