体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い立ったらフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)facebook/伊豆大島

突然、フラリと島へ旅したくなることがあります。海で泳いで、温泉に浸かって、美味しい魚介類を食べることができたら、最高ですよね。でも、それを実現することは可能! 今回は、思い立ったらすぐにでも行ける離島を5つご紹介。

竹芝からジェット船でたったの1時間45分!椿で有名な身近な離島「伊豆大島」

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)facebook/伊豆大島

もっとも都心から近い有名な離島といえば「伊豆大島」。竹芝桟橋から朝一のジェット船に乗れば、日帰り旅行も十分可能です。島の中心には三原山があり、火山島ならではの地形を見ることができます。

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)facebook/伊豆大島

島の最南端のトウシキ海岸で遊んだり、三原山を背景にのんびりと浸かれる「三原山温泉・大島温泉ホテル」で寛ぎのひと時を過ごせます。

もっとアクティブに過ごしたいのなら、伊豆大島ジオパークを歩いて、三原山の山頂まで行くのもおすすめ。自然そのままの、雄大な景色を堪能できますよ。

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)facebook/伊豆大島

伊豆大島に行ったら、伊豆諸島の郷土料理のひとつ“べっこう”も、食べておきたいところです。8/13〜8/14は伊豆大島夏まつりも開催されますよ。

[伊豆大島ナビ]

■あわせて読みたい
都心から105分で行ける伊豆大島、絶景露天風呂と島グルメの旅
http://tabizine.jp/2016/03/02/59612/

絶景スポットがいっぱい!レンタルサイクルでぐるりと島をまわりたい「新島」

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)新島観光協会

竹芝桟橋からジェット船で約2時間30分の「新島」は、サーフスポットして有名な島。でも、この島の魅力を思う存分堪能したいのなら、あえてレンタルサイクルをして、島をぐるりとまわってみるといいかもしれません。

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)新島観光協会

新島の特産品であるコーガ石できた石造りの塀に囲まれた道。どこか懐かしさを感じる景色ですね。

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)新島観光協会

こちらは間々下海岸の美しい景色。海のブルーが目に眩しいほどです。

夏の間にフラリと訪れたい!東京から気軽に行ける離島5選
(C)新島観光協会

島を巡り、汗をかいた後は、お楽しみの温泉にGO! こちらの「湯の浜露天温泉」はコーガ石でできた浜露天温泉。水着を着用して、24時間、年中無休で入浴できます。新島は、東京都でありながらも、まるで別世界! 新島でのんびりと1日を過ごせば、気力&体力がグンと高まりそうですね。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。