ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・K・ローリング、『ハリー・ポッター』を「やり終えた」と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

作家J・K・ローリングは、お気に入りの魔法使いハリー・ポッターを描くことに関して「やり終えた」と語った。

魔法使いの帽子とケープを身に付けたポッターヘッズ(ハリー・ポッターのファン)たちは、7月31日(現地時間)、演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』の台本を求めて全世界の書店に詰めかけた。そこでローリングは、この有名なキャラクターの旅は最後となるとレポーターに語った。

ローリングは、ハリー・ポッターについて、「ハリーは、この2幕構成の舞台で大きな旅に出かけます。私たちはやり終えました」とロイター紙に語り、「これは次の世代の物語です。だから、美しく実現したことにワクワクしていますが、ハリーの話はこれで終わりです」と続けた。

『ハリー・ポッターと呪いの子』は、小説『ハリー・ポッターと死の秘宝』のエピローグであり、ヴォルデモートとの闘いの19年後を描く。ポッターは3人の子どもを持ち、魔法省で働いている。しかし、それはこれまでの7作品とは違い、小説の形態ではなく劇作家ジャック・ソーンによる同名の演劇台本となる。

『ハリー・ポッターと呪いの子』の売上は今週後半まで分からないが、Amazonの書籍と電子書籍Kindleの先行予約ではどちらも2016年のトップとなり、米国の大手書店チェーンのバーンズ・アンド・ノーブルでも、2007年の『ハリー・ポッターと死の秘宝』以来、最大の先行予約数となっている。

演劇は今週末にイギリスのロンドン、パレス・シアターで初上演される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP