ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android版「Apple Music」がベータを抜けて正式版に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Apple は 8 月 4 日、長らくベータ版として提供していた Android 版「Apple Music」を正式版に昇格させて再リリースしました。Apple Music は月額 980 円で様々な楽曲をストリーミング再生できるサービスで、ノンストップの再生機能「Radio」やアーティストをフォローできる「Connect」、使用状況に合わせておすすめの楽曲などを提案する「For You」が特徴です。端末に保存している楽曲も再生できます。アプリが v1.0.0 にアップデートされ、アプリ全体のパフォーマンスが向上したほか、イコライザーにも対応し、「設定」メニューの「EQ」から端末に備わっているイコライザーを利用して音を出方をカスタマイズできるようになりました。「Apple Music」(Google Play)

■関連記事
UAEでGalaxy Note 7が早くも発売、開封映像もあり
Dropbox、共同編集に対応したドキュメント作成アプリ「Dropbox Paper」をオープンベータ版としてリリース
アプリを端末にインストールすることなく試せる「アプリのストリーミング(Instant App)」のデモ動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。