体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【肝臓強化ダイエット】体質が変わる!ツボ押し&セルフマッサージ5つ

【肝臓強化ダイエット】ツボ押し&セルフマッサージ
こんにちは。ヨガ&フィットネス講師でヘルスケアライフトレーナーの山本華子です。前回までの3回は、食事改善による肝臓強化について書いてきました。特にアラフォー世代の皆様のお役に立てたようで、とても幸いです。今回はセルフマッサージよる肝臓強化を行っていきます。

いつでもどこでも出来るマッサージで痛みを緩和!

ご存知のとおり、全身には内臓の反射区であるツボが数多くあります。そのため、直接内臓を触ることは出来なくても、血流を上げ、温め、働きをよくすることが出来るのです。また内臓は肋骨に守られているので、肋骨周辺をほぐすことも有効です。

内臓のイメージ
実際に私はこのダイエットを始める前は、反射区であるツボも肋骨の内側も、押したりマッサージをすると痛くて仕方ありませんでした。しかし、2週間くらい経つとあれだけ痛かった部分も、何事もなかったかのように痛みが消えました。

今回ご紹介するセルフマッサージは、電車やオフィスで、家事の合間になど、いつでもどこでも出来るものもあります。また、ヨガマットがなくても着替えなくても出来ますよ。必ず空腹時に行って、ツボも肋骨周辺も常に柔らかく、痛みがないように保ちましょう!

1.足ツボ刺激

まずは右足裏を、左足のカカトを使って揉み解しましょう。手の指などでマッサージするよりも楽に刺激することができるため、テレビを観ながらでも行えます。

足裏全体をまんべんなく踏み続けますが、特に肝臓の反射区である右足裏の中指、薬指の下、指3本分くらいの所をイタ気持ちいいくらいの強さで、足裏に対して直角に踏んで刺激してください。踏みつける度に息をしっかり吐きましょう。心ゆくまで行ったら左側にチェンジ。

足ツボ刺激
足裏は全身の各器官の末梢神経が集中しているため、全身の各器官の縮図とも言われています。私自身、中々疲れがとれないときは足裏マッサージに行きます。すると全身が芯から軽くなるから本当に不思議です。

2.手の平のツボ刺激

これぞ電車でもオフィスでも、どこでもできる手のツボ押しマッサージです。手の平も足裏と同じくらい全身のツボが集中しています。

右手の薬指の付け根から、手のひらへ3㎝くらいのところにある肝臓のツボ。ここを左手の親指の先でイタ気持ちいい程度に押します。これも呼吸を止めず、押す度に息を吐きましょう。時間があればその部分だけでなく、全体的にマッサージするとかなりスッキリしますよ!

手の平のツボ刺激

3.おへそ~みぞおち周辺

握りこぶしを作りおへその上の辺りに置きます。そこからみぞおちの方にすべらせるように、下から上へマッサージします。真ん中のライン、少し左右にずらしたラインを全体的に行っていきます。加齢と共に下垂する内臓を引き上げ、血行を促進するイメージで行います。

おへそ~みぞおち周辺
肝臓強化ダイエットのモニターさんのなかには、これを行った直後から、しつこかった胃もたれや腰痛が改善されたという方もいらっしゃいました。これは特に、食後は避け、空腹時に行ってくださいね!

4.肋骨たたき

両手で肋骨を表面からトントンと叩き、細かい振動を、肋骨の内側の内臓に響かせましょう。

肋骨たたき
右側が痛い場合は主に肝臓、左側が痛い場合は胃が弱っている可能性も。呼吸を止めずに、叩くリズムに合わせて吐きながら行いましょう。

1 2次のページ
生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。