体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外で不思議がられる日本人の夏8選〜魚を見て涼しさを感じるって!?〜

どの国も訪れる季節によってその印象がかなり変わるもの。それは日本を訪れる外国人観光客にとっても同じことです。

住み慣れた私たち日本人にとっては当たり前のことでも、外国人が驚く日本の夏事情とは何でしょうか? 筆者が実際に耳にした声を集めてみました。

■あわせて読みたい
海外で不思議がられる、日本人の「お花見事情」5選
外国人観光客から不思議がられる日本の観光地事情5選~つっこみどころ満載~
外国人観光客から不思議がられる日本の飲食店事情5選~コレ魔法のボタン?~

金魚すくい

海外で不思議がられる日本人の夏

夏祭りといえば「金魚すくい」。日本人には馴染み深く、子供の頃夢中になって挑戦した思い出のある方も多いのではないでしょうか。ですが、海外では非常に珍しく「日本の夏祭りを紹介されているテレビで金魚すくいを見てから、ずっと挑戦してみたかったの」という声もよく耳にします。

一方で「生き物で遊ぶなんて、残酷。金魚がかわいそう」という、ちょっと考えさせられる声も。みなさんはどう思いますか?

また古くから日本には、夏に金魚を愛でて涼を感じるという習慣がありますが、「魚を見て涼しさを感じるってどういうこと?」と不思議がる声も挙がりました。このような声を耳にするたび、説明してもなかなか伝わらない、このような日本人独特の感性を大切にしてゆきたいなと感じます。

幻想的な夏祭り

海外で不思議がられる日本人の夏

幻想的な灯りで彩られる日本の夏祭り。日本独特の風情を感じられる、特別な世界観が広がる空間でもあります。

「幻想的な美しさに心奪われた」という声から「夏祭りの屋台が楽しすぎる! 食べ物のおいしさにもびっくり」という意見も。夏の日本に行くなら夏祭りに行ってみたいと楽しみにしている観光客も多いようです。

花火が最高に美しい

海外で不思議がられる日本人の夏

海外でも花火は珍しくありませんが「日本の夏の花火大会の規模や美しさに驚いた」という声がちらほら挙がりました。特に「夜なのにまるで昼間のように辺りが明るくなるフィナーレに感激した!」と興奮気味に体験談を話してくれた方の意見が印象的でした。

確かに海外の花火大会は「あれ? これで終わりなの?」と感じてしまうものもしばしば。それと比べると、日本の花火大会のフィナーレは心に響く迫力があります。

“クール”なレストランがある

海外で不思議がられる日本人の夏

「日本でとっても“クール”なレストランに行ってきたよ! 川の上に建つレストランに!」とキラキラと目を輝かせて話す友人。最初は「変わったレストランがあるんだなあ。行ってみたいな」と彼女の話に耳を傾けていたら、どうやらき「川床」の話をしているのだということが判明。

京都の夏の風物詩である川床。特に貴船の川床は、川のすぐ上に川床が設けられており、手を伸ばせば水に触れられる程の距離が魅力的。緑豊かな自然の中で京料理を楽しめるなんて、最高に贅沢な時間ですよね。

夏なのに働いている

海外で不思議がられる日本人の夏

よく「日本人は働き者」と言われますが、日本の夏休み事情を知って驚いたという声をよく耳にします。それは夏休みの期間が短いということ。たいていの方は5日、短いと2〜3日、長くても1週間くらいという方がほとんどなのではないでしょうか。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。