ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャニング・テイタムとジリアン・ベル、米ディズニーのリブート版映画『スプラッシュ』に主演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ウォルト・ディズニーは、ブライアン・グレイザーとロン・ハワードが設立した映画製作会社のイマジン・エンターテインメントと、過去の最高傑作の1つである映画『スプラッシュ』のリブート版映画製作について初期の話し合いを進めている。リメイク版映画の脚本はマリア・ルイス・ライアンが担当し、チャニング・テイタムとジリアン・ベルが主演する。

オリジナル版映画『スプラッシュ』は、トム・ハンクス演じる青年が少年時代に溺れていたところをダリル・ハンナ演じる人魚に助けられ、後に2人が再会するというストーリーだ。青年は人魚に恋をするが、彼女が何者なのか分からずにいる。リブート版では、驚くことにテイタムが人魚の役を演じ、ベル演じる少女を助け数年後に再会するストーリーになっている。

1984年に公開されたロマンティック・コメディ映画『スプラッシュ』は、グレイザーとハワードにとって初となる大ヒットを記録し、イマジン・エンターテインメントの設立へと導いた。グレイザーとハワードは、リブート版でも、フリー・アソシエーションのテイタム、リード・カロリン、ピーター・キーランとともに再びプロデュースを手掛ける予定だ。イマジン・エンターテインメントのアンナ・カルプは、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

テイタムは、映画『Kingsman: The Golden Circle(原題)』の撮影を終了し、映画『Logan Lucky(原題)』の撮影を開始するところだ。テイタムは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、マネジメント360と代理人契約を結んでいる。

ベルの次回作は、ドリームワークスによる映画『Office Christmas Party(原題)』だ。ベルは、UTA、スリー・アーツ・エンターテイメントと代理人契約を結んでいる。

このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP