ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

半藤一利氏 「トルコのクーデターと二・二六事件は違う」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新刊『世界史としての日本史』(小学館新書)で初対談した半藤一利氏と出口治明氏は、英国は国民投票でEU離脱を選んだが、島国である英国は大陸との関係を絶ち切れないであろうことを指摘している。英国と同じく島国の日本は、どのように世界情勢を理解して大陸とつきあってゆけばよいのか。半藤氏と出口氏の対談から、トルコでのクーデター事件についての考察をお届けする。

半藤:島国は大陸と離れて生きていけないというのは、日本にも当てはまることではないですか。日本は有史以来、中国との深い関係にありましたし。英米VS独仏と、日米VS中ロという関係は、非常に似通っていますね。

出口:おっしゃる通りです。ただ、一つ違っているのは、EUは中小国の集まりであるのに対し、中国は巨大な一つの国であることです。

半藤:ロシアも巨大ですから、この2か国が手を組むと、存在として大きすぎるというのが、日本にとっては悩みの種ですね。

出口:日本は英国より難しい立場にあります。今回のEU離脱を一番喜んだのはロシアのプーチン大統領です。ウクライナ問題などでロシアはEUから圧力を受けてきたので、EUが弱まるのは大歓迎でしょう。

半藤:旧共産圏の東欧諸国がいまはEUになびいているので、EUが弱体化すれば取り戻すチャンスがやってくると考えているんじゃないですか。

出口:ですが、実際に英国に続いてEUを離脱する国があるかというと、スペインは総選挙で現状維持派の与党を選び、ギリシアも逃げ出していない。

半藤:英国が離脱するとEUが崩壊するといった話をよく耳にしましたが。

出口:他の加盟国がEUから出る理由はないのです。EUに予算を拠出しているのはドイツが一番で、フランスがその次で、逆にお金をもらっているのがポーランドを筆頭とした東欧諸国などです。ロシアはお金をくれません。だから、独仏がしっかりしていればEUは崩壊しないのです。

 ギリシアのような借金国の場合も、離脱するとユーロから昔の通貨に戻り、価値が激減して借金の額が倍増してしまうので、逃げたくても逃げられない。

半藤:むしろ借金の肩代わりをさせられて、逃げ出したいのはドイツだ(笑い)。

出口:ですから、英国のEU離脱はそれほど大きな問題ではないと思っています。それより将来に不安を感じるのは、軍事クーデターが起きたトルコですね。イスラム教でありながら民主主義国家のトルコはいわば、“中東のヘソ”で、ここが不安定になると地域全体が怪しくなります。シリア難民もトルコを経由して欧州に行くわけです。

半藤:軍部によるクーデターということでかつての二・二六事件を連想する人もいますが、イスラム教国でありながら世俗主義(政治と宗教の分離原則)を取るトルコには、日本における天皇のような存在がいないんですね。二・二六事件は、天皇という「玉の取り合い」だったわけで、そこがただのクーデターとは違う。

 私もそうですが、日本人にとってトルコはなかなか理解が及ばない。しかし、あのローマ帝国の首都はコンスタンティノープル(イスタンブル)ですからね。

出口:トルコや中東がずっと世界の中心だったのです。日本人はそうした歴史を学ぶ機会がなかったんですね。

●でぐち・はるあき/1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、日本生命に入社。現在はライフネット生命保険代表取締役会長兼CEO。著書は『「全世界史」講義』I、II『生命保険入門 新版』『直球勝負の会社』など多数。

●はんどう・かずとし/1930年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。文藝春秋に入社し、「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て作家に。著書に『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』『昭和史』『日露戦争史』シリーズなど多数。

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
英文学研究者が音楽と別の角度からビートルズに迫った研究書
日本とトルコの深い絆 きっかけは1890年のトルコ船乗員の救助
半藤一利氏 「EU離脱した英国にはナチスのトラウマがある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP