ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケモンGO 親世代にもウケた理由と健康への好影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 社会現象と言わんばかりに大騒ぎとなった『ポケモンGO』。ポケモン世代といわれる20~30代前半の若者だけでなく、その親世代にもハマる人が続出した。

「ママ友とのランチではもっぱらポケモンGOの話題。子供たちが小学生くらいの頃、一緒に見ていたから懐かしくて。“ピカチュウ捕まえた?”“レベルいくつになった?”なんて話があいさつ代わりになりました」(53才・主婦)

 年齢、性別関係なく大ブームとなった要因をゲームクリエーターの米光一成さんはこう語る。

「1996年からヒットし続けているポケモンというキャラクターを使い、ゲーム界では通好みだった位置情報ゲームを、親しみのある形で提供したことがヒットに繋がったのでしょう。それと『ポケモンGO』はゲームの説明がほとんどない。遊び方や攻略法を友達に聞いたり、ネットで調べたり、ゲーム外のコミュニケーションを促進するようにつくっていると感じます」

 ゲームを超えた健康効果にも注目が集まった。

「私が暮らしている田舎では、いちばん近いポケストップでも2km先。ポケモンを探しながら行き来していたら、1週間で3kg減量!」(52才・主婦)

『ポケモンGO』を1日12時間やっているというユーチューバーのカブキンさんもこう言う。

「ポケモンが生まれるタマゴをふ化させるためには、最低2km、最長10km歩かなければいけない。時速10km以上の速度では加算されないので、電車に乗る距離でも、あえて歩き、どのエリアにどんなポケモンが出やすいのかチェックしています。普段の10倍以上は歩くようになって、体が軽くなりました」

 ポケモンを探し、楽しみながら歩く人々が増えたようだ。自身もプレイヤーの菅原脳神経外科クリニック院長・菅原道仁さんはこう語る。

「外へ出て歩くきっかけを与えてくれる『ポケモンGO』は、現代人の生活を改善する可能性を持っています。デスクワークが中心の患者さんにスマホの歩数計を見せてもらうと、1日2000歩程度しか動いてないかたもいます。理想は8000歩以上。歩くことで骨粗しょう症や動脈硬化など、生活習慣病の予防になり、疲れることで睡眠の質も上がる。太陽を浴びれば体内時計がリセットされるので、生活リズムが整って、メンタルにもいい効果があります」

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
東京都内「レアポケモンを捕まえるならここ!」リスト
中川翔子「水族館デートあきらめない」と肉食っぷり披露?
58歳男 ポケモンGO通じ部下の女性の腕に触れて興奮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP