体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE ALFEE 42年目の夏! 歩みを止めない3人の真髄「素晴らしいこの瞬間の為に、一緒に生きていこうな」

THE ALFEE 42年目の夏! 歩みを止めない3人の真髄「素晴らしいこの瞬間の為に、一緒に生きていこうな」

 デビューから42年を迎えた今も音楽シーンの最前線で活躍するTHE ALFEE。7月30日と31日 横浜アリーナにて、30回目となる夏のイベント【30th Summer! Best Hit Alfee 2016 夏フェス!】を開催した。

THE ALFEE 42年目の夏フェス写真一覧

<THE ALFEEのスピリッツというのは、ひとつの塊としてのスピリッツ>

 このイベント前に行ったインタビュー(http://bit.ly/2atIp1Y)で高見沢俊彦は、「バンドって「継続させるのが難しい」って言われるよね? ただ、THE ALFEEに限って言うと難しくないんだよね。みんなコーラスが好きでしょ? それで三声のコーラスをやってる。3人がそれぞれリードボーカルも取れる。だからひとりだけの喉を酷使しないで済む。で、やっぱり3人ともライブが好きなんだよね。3人でやるパフォーマンスが好き」「お互いをリスペクトする部分ももちろんありますからね。今でも「俺には出来ないな」って思う部分をお互いに感じ合えてるからバンドって出来るんじゃないかな。全部「俺だ!」ってなったら、やっぱりそれはブレイクするしかないじゃないですか。なので、THE ALFEEのスピリッツというのは、ひとつの塊としてのスピリッツ。だから継続してこれたのかなって思います」とTHE ALFEEについてコメント。

 かつてGAROの前座を務めていたフォークグループが、気付けばメタルやプログレの作品も発表し、ポップスシーンのど真ん中に君臨しながらクラシックコンサートでも演奏している。真似したくても真似しようのないストーリーを42年にもわたって歩んできたスリーピースバンドの凄み、そして面白さはお祭りモード全開の同イベントから顕著に感じ取ることができた。

<年齢を無視した三者三様の歌声 俄然ダントツのギターパフォーマンス>

 当編集部が取材した7月31日の公演(※写真は、7月30日の公演)。序盤からハードロック/ヘヴィメタル色の強いナンバーを畳み掛けていくのだが、42年目のバンドとは到底思えないハイトーンかつソウルフルな歌声を三者三様に響かせており、数々のヒット曲でメインボーカルを務めている桜井賢の凄さは言わずもがな、近年、若者にはももクロとフォークソングを歌っている優しいおじさまの印象もあるかと思われる坂崎幸之助も、まるでデヴィッド・カヴァーデール(ホワイトスネイク/ディープパープルの伝説的ボーカリスト)を彷彿させるメタルボーカルで熱唱、そして高見沢俊彦はマライア・キャリーも真っ青の(?)男性の声域としては考えられないオクターヴで、しかも終始声に疲労を感じさせることなく歌い続ける。

 また、ギタリストとしても、まるでゴールドセイント((C)黄金聖闘士)のような衣装やエンジェルギターなどのビジュアルに収まらず、だだっ広いステージを右へ左へ全力疾走しながら奏でたり、ランウェイでぐるぐるぐるぐる激しく回転しながら弾き倒したり、凄すぎて笑ってしまうぐらいド派手なパフォーマンスも展開。演奏やステージングが派手なギタリストはまた近年増えているものの、デビュー42年目の高見沢俊彦が俄然ダントツである事実に驚愕した。

<笑点然としたMC「座布団みたいな顔に敷布団二重にかけて一生黙らせて!」>

 客席中央のセンターステージに3人並んでのMCでは、坂崎が唐突に「夏と言えば、旅行でございます。桜井さん、どこか海外で行きたいところはありませんか?」と問いかけると、「スペイン」と返答。そして「なんで?」「別に」「何か理由があるわけでしょ?」「理由? 特になし。強いて言うなら、ここにそう言えって書いてあるから(笑)」「おい! まぁでもスペインに行ったら行ったで何かやりたいことあるでしょ?」「そうだねー、スペインに行ってもし引越ししたら、マドリーヌで間取り(マドリ)を考える。おあとがよろしいようで」「山田くん! この座布団みたいな顔に敷きぶとん二重にかけて一生黙らせて!」と笑点さながらのクロストークを展開。

 続いて「スペイン行ったことあるんでしょ?」と話を高見沢に振ると、「何度も行きましたよ」「さすが。間取りとは違うよ、間取りとは。(こっちは)闘牛だよ?」「自分の不注意で指を骨折したんですよ(笑)。坂崎! おまえはギタリストなんだから闘牛やっちゃダメだぞ!」「おまえに言われたくないだろう(笑)。あんたもギタリストなんだからダメだよ」と、こちらもどうしても漫談になってしまう。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。