ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】『鯛焼きカレー』って冗談でしょう? ~秋葉原・アニマックスCAFE~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


東京秋葉原にある「アニマックスCAFE」というところで変なものが食べられるいうので取材した。
アニメ関係のお店が秋葉原にあるのは珍しいことではなく今やまったくの日常だ。
おそらくアニメコラボのメニューでアニヲタさんが喜びそうなそんなものだろうと思って行ってみたら、『鯛焼きカレー』というものらしい。

たい焼きの中身がカレーなのか、それならばカレーまんをたい焼きにしたようなもの。であるとするならば別段、不思議はない。

ところが、出てきたのはカレーライスにたい焼きを乗っけたもの。
「そのまんまじゃん…」とつぶやいてしまったのだが、これはちょっとダメでしょうと思いながらも店員さんの説明を聞いてみることにした。

■アニマックスCAFEで鯛焼きカレー
https://youtu.be/BmQVEtlBuHY

「あんたも食ったことないんかい!」と突っ込みを入れようと思った矢先、取材の様子を見ていた一般のお客さんから「私はナイと思うなぁ」とトドメの一撃が突き刺さる。
マジかぁ、ダメだこりゃ。

いくらなんでもスイカに塩をふりかけるのとはわけが違う。
しかしながら、注文してしまったからには食べないわけにも行かないので、パクリ。

まずはカレーだけを食べてみると、これは美味しい。「だって日乃屋カレーだもんなぁ。当然だ」とつぶやく記者。
では、たい焼きをつぶして一緒に食べてみる。

「ん?まずくはない。かと言って、とてつもなく美味しいというわけでもない。アリかも知れない。いや、アリだ」
カレーそのものは辛口でコクが合って美味しいが、たい焼きのあんが、独立した甘さを舌に提供し、そしてカレーのコクが後からくる感じ。

よく、変なものを合わせて「どんな化学変化が起きるのか!」なんていうフレーズが使われるが、これは化学変化で生成される「化合物」ではなく、あくまでも「混合物」だ。
ただ、その2つが互いに主張しているので両方を味わうことができる点において混合物と呼んで差し支えない。
食べる人の好みでカレーとあんの混合割合を導き出すことができるが極端な話、別々に食べてもいいわけだ。
それぞれの食べ方で楽しんでいただきたい鯛焼きカレーだった。

動画で語られたとおり、あきやんさんは食べたことがないそうなので、あなたの絶妙な混合割合を彼女に教えてあげるといいのかもしれない。
そのためには何度も通ってトライしなくてはならないが、「実はそれが狙いだったのでは?」と考えるのは裏読みのし過ぎだろうか。

※写真・動画は全て記者撮影・収録

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP