体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自作素材にこだわり抜いた和風フリーホラーゲーム『物念世界』制作者リリティー氏インタビュー

2013年9月に完成・公開された和風フリーホラーゲーム『物念世界』。主人公の少女「凛」が、不思議な世界に迷い込んだことから始まる物語を描いた本作は、先日8月2日に小説版の発売も行われ、公式ページとプロモーション動画の公開も行われている。

物念世界カバー修正[1]
『物念世界』小説版公式ページ
http://www.amgakuin.co.jp/amg-books/butsunen/


『物念世界』小説版プロモーションムービー


『物念世界』小説版

本作のゲームシステムとしては、アイテムを拾って謎を解いていく探索アドベンチャーとなっているが、特徴的なポイントとしては、作中で見ることの出来る自作素材の美しいマップや、オリジナルのキャライラスト、そしてそれら自作の素材と組み合わさったホラー演出などだ。こういった要素から、和風ホラーとして作りこまれた作品となっており、ゲーム実況動画についても、再生数100万を超えるものも存在する。

【ニコニコ動画】【実況】不思議で不気味な物念世界 Part1

今回は、このゲームの制作者であるリリティー氏にインタビューを行ったので、公開したい。自作素材へのこだわりのほかに、ゲームを制作するに至るまで、どういったコンシューマゲーム、フリーゲームを遊んできたのか?といったことも伺うことが出来たので、ぜひお読み頂きたい。

「マップやイラストを自分で作る」ことへのこだわり

――今回はインタビューをお受けいただきありがとうございます。さっそくですが、先日リリティーさんのフリーゲーム作品『物念世界』が小説化されました。そのきっかけについて教えてください

リリティー
AMG出版の方から小説化のお話を頂いたので、それがきっかけでした。ゲーム公開から3年も経っていたので、お話を頂いた当初は驚きました。だけど、話が進むにつれて嬉しくなってきましたね。自分の作ったゲームが本になるのは夢のようです。

物念世界
『物念世界』の主人公の少女「一ノ木 凛」

――小説化にあたってリリティーさんご本人が協力されたとのことですが、原作者としてどんなことを行ったのでしょうか

リリティー
アレンジが必要な部分でも変えないでほしい箇所や、キャラの細かい設定を伝えたり、キャラのセリフなどの修正を行いました。それと、小説のプロモーションビデオの一部で流れる自作BGMの作成など行ないました。

――『物念世界』は様々なプレイヤーの方に遊ばれていますが、作品のどんなところがポイントだったと思いますか?

リリティー
マップについて、実際の写真を加工するなど含めてゲーム用に全て自作したので、その世界観を評価して頂けたのかなと思います。あとは、実況して頂いた動画の存在もあるのかなと。実況動画は、ゲームが苦手、プレイする環境が無い人にもゲームを知ってもらうきっかけになると思うので、自分の作品に関しては実況OKとしています。ただ、製作者側が実況などを制限・禁止している作品に関しては、そのルールに則るべきだと考えてます。

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。