体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【究極の牛タン】実際に食べに行って確かめた「本当に牛タンが美味しい店5選」発表

tang8

焼肉の定番メニューといえば、カルビ、ロース、そしてホルモンだ。しかし忘れてはならないのが牛タン。カルビの豪快な美味しさとは別に、繊細な肉の旨味を堪能できる部位。

・その美味しさは本物
今回は、そんな牛タンが美味しい店を5選にしてお伝えしたいと思う。実際に記者で店に出向いて調べ、本当に美味しかった店だけを紹介しているので、その美味しさは本物である。

・実際に食べに行って確かめた「本当に牛タンが美味しい店5選」
1. 宮城県仙台市の牛たんセット / 萃萃(すいすい)
牛たんセットの内容は、牛タン、とろろ、テールスープ、ライス、冷ややっこ、漬物、味噌。とりあえず牛たんの感想を先に言わせてもらえれば、「感動」の一言。やや弾力が強めに感じるが、むしろそれが良い。

ちょっと強くかんだだけでジュワッと放出される旨味エキス。舌で旨味を感じ、喉でも旨味を感じるかのように尾を引くうまさ。おそらく上質な牛たんゆえ、肉汁の埋蔵量が他店のものより濃いのだろう。この食感だからこそ、「かめばかむほどウマくなる現象」が凄まじく生きる。

住所: 宮城県仙台市宮城野区萩野町2-12-1
時間: 11:30~21:30
休日: 日曜日

suisui1 suisui18

2. 東京都港区六本木の黒毛和牛厚切りトロタン塩 / 牛和鹿
おそらく、この焼肉店の牛タンは「日本でいちばん極厚の極上牛タン」である。厚めの牛タンを出す焼肉店はいくつもあるが、ここまで豪快にカットし、常識を覆す厚みで「超極上牛タン」を提供している店はあるまい。

そう、その厚みに比例して、旨味が「とんでもなく極上」なのである。まるで特上カルビのように決め細やかな霜降りの牛タンで、そこに埋蔵されている肉汁(旨味エキス)は膨大。食べた瞬間に溢れ出る肉汁は、まさにアラブの油田。いつまでも枯渇することなく噴き出していそうなほどである。

住所: 東京都港区六本木7-14-11
時間: 11:30~15:00 18:00~24:00 金18:00~24:00
休日: 年末年始

tang4 tang8

3. 東京都千代田区神田練塀町の味噌たん焼き / たん清
食べるとジュワッと濃厚な肉汁とともに溢れ出るのは、しっかり仕込まれた味噌の塩味と旨味。プリップリの牛タンは薄切りで、サッと炙るように焼き、ご飯と一緒に食べるのが至高。

ランチタイムは朝から行列ができるほどの人気店だが、ディナーは飛び込みでも入れることがある。「間違いない牛タン」を食べたいならば、この店は間違いない。

住所: 東京都千代田区神田練塀町45番 ライオンズマンション秋葉原 B1F
時間: 17:30~23:00 / 土17:30〜22:00
休日: 日祝

1 2次のページ
東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。