体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

選べるソースは330種類以上!? 焼きそば・お好み焼き 鉄板焼きの「やん!」のソース熱が熱い!【なんば】

f:id:mesitsu_lc:20160624220657j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのsenaです。

今回は、なんばの湊町リバープレイスにある、焼そば、お好み焼き、たこ焼き、鉄板焼の「やん!」に行ってきました。

なんとこの「やん!」では、ソースの種類が330種類以上もあるというのです!

そんなことを聞いてしまうと、『メシ通』読者のみなさんにしっかりとお伝えしないと! と使命感いっぱいで。

こんにちは~。

f:id:mesitsu_lc:20160624220858j:plain f:id:mesitsu_lc:20160624220927j:plain

と、入る前にもう様々な種類のソースが!

f:id:mesitsu_lc:20160624221028j:plain

店内はこんな雰囲気です。

まずは店長の澤田さんにお話をうかがいました。

──ソースにこだわりはじめた、きっかけってありますか?

「焼きそばやお好み焼きを食べる時に、やっぱりおいしいと一番感じやすい部分はソース。でも、そんなソースを選べない、ということに以前から疑問を持っていました」

──確かに、ソースがあまり自分の好みではなくて……っていうこともありますもんね。

「そうですね。うちではお客さんに、どんなソースがいいか、食べたいものを聞いて提供しています。常に同じものは出してないですし」

──それはうれしいですね。

「ソムリエみたいな感じです。うちではソースを地酒と同じように扱っているんですね。大手のソース以外は本当に小さな家で作っていたりして、それぞれにエピソードが多くあります。こだわりももちろんありますし。他の焼きそば・お好み焼き屋さんだと、ソースのことを聞いても『いろいろブレンドしていて秘伝です』と教えてくれない。でもうちは、ソースそのものをいろんなところから入手しているから、自信をもって、作り手の思いをそのまま伝えることができます」

確かに、ソースを作っている人がもちろんいるわけで、でも焼きそば・お好み焼きを食べる時はそこまでは考えないですよね。

澤田さんは、そこも伝えたい熱い思いを持っていて、メニューにソースの作り手の熱い思いを綴ったマガジンが。

f:id:mesitsu_lc:20160624221146j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。