ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャーリー・プース、新MVで終わった恋の思い出にふける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 チャーリー・プースが8月2日、新しい「ウィ・ドント・トーク・エニモア」のミュージック・ビデオを公開した。同映像では、終わった恋を思い出しつつ別の人生を歩む元恋人の2人の様子が、2つに分かれた画面にそれぞれ映し出されている。

 セレーナ・ゴメス(映像には登場しない)をフィーチャーした同シングルは、プースのデビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』から今夏はじめにリリースされたもの。ゴメスを伴ったこのキャッチーな失恋ソングにて、プースは「マーヴィン・ゲイ」(feat. メーガン・トレイナー)、「ワン・コール・アウェイ」に続き、リード・アーティストとして3曲目となる米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”トップ40入りを果たしている。

 プースは同曲で“まだ頭の中から君のことが離れない/あぁ、とても残念だ/もう話せないなんて”などと歌っている。映像の中の2人は、昔の写真やメール、記憶をとおして過去の思い出にふけている。

 チャーリー・プースの「ウィ・ドント・トーク・エニモア」のミュージック・ビデオは、現在YouTubeで視聴できる。

◎Charlie Puth – We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez) [Official Video]
https://www.youtube.com/watch?v=3AtDnEC4zak

関連記事リンク(外部サイト)

“メロウの貴公子”チャーリー・プース&セレーナ・ゴメスの掛け合いが見事な最新R&Bソング(Song Review)
フィフス・ハーモニーが2週連続洋楽チャート1位を制覇、“ワイスピ”で話題のチャーリー・プースも好発進
チャーリー・プース、デビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』でセレーナ・ゴメスとのコラボ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。