ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【知っておきたい!】正常な「生理」とその知識について

  • ガジェット通信を≫

【知っておきたい!】正常な「生理」とその知識について
よく私たちは生活のなかで「生理が重い、軽い」などといいますが、生理の重さや期間、経血の量などについて、いわゆる正常な生理はどんなものか、ということを知るきっかけは意外と少ないように思います。

そこで今回は、一般的に“正常な生理”と呼ばれるものについて、医師に話を伺いました。

正常な「生理周期」と「量」について

まず、一度生理がきてから、次に生理がくるまでの期間、いわゆる生理周期(月経周期)についてです。これはおおよそ25日~38日くらいが正常の範囲内と考えられています。これは、体調の変化や精神的なストレスなどによって一週間前後、ズレが生じることもあります。また遅れるだけでなく、早まる場合もあります。そして生理が始まってから終わるまでの期間については、3日間~1週間くらいが正常とされています。

そして経血の量は、だいたい20ml~140mlくらいです。これは個人差が非常に大きいといえるでしょう。

「PMS(月経前症候群)」とは?

生理にともなう自覚症状ですが、生理がはじまる前、そして排卵が終わったころからホルモンのバランスにより、女性は精神的に不安定になったり、むくみや便秘が出たりすることがよくあります。これを「PMS(月経前症候群)」といい、多かれ少なかれ経験する女性が多いといえるでしょう。

また、生理痛についても、多くの女性が経験するものです。一般的に薬局やドラッグストアなどで売られている鎮痛剤を服用することで、日常生活が送れる程度のものであれば、正常範囲内と考えてよいでしょう。

“異常”な生理ってどんな状態?

一方、以下のような症状は、生理が異常な状態であるといえます。

・頻発月経:1カ月に何回も生理がくること

・希発月経:39日以上、生理周期が開いていること

・生理の際の出血が3日以内、あるいは8日以上のもの

・大きなレバーのような塊が出る

・頻回に夜用のナプキンを取り換える必要があるほど大量に出血がある

これらは子宮筋腫などの病気が隠れていたり、何らかの原因でホルモンバランスが乱れていたり、排卵が正常に起こっていない時などにみられることがあります。

医師からのアドバイス

現代女性の生活では、ストレスによるホルモンバランスの乱れも重要なファクターと考えられています。環境の変化や悩みが多く、生理が以前と変わったと感じられている人は、一度婦人科を受診することをおすすめします。

(監修:Doctors Me医師)

関連記事リンク(外部サイト)

生理が来ないけど…大丈夫なの? 女性が気になる「無月経」について教えて!
生理がたまにしか来ない……稀発月経でも妊娠は可能!?
生理痛があるのに生理が来ない! これって「月経前症候群(PMS)」?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。