ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新がん治療 凍らせたりキラーT細胞を訓練して体内に戻す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人の死因第1位のがん。生涯のうちにがんにかかる人は2人に1人と言われているほど身近な病気であるが、その治療法も日進月歩で進化している。

 がん治療というと、抗癌剤や放射線治療が一般的だが、最近はそれ以外の方法も実用化されている。

 たとえば、特殊なガスを吹きかけ、がんをカチンカチンに凍らせて殺す──そんな、SF小説のような治療法「凍結療法」。やり方は簡単で、患者の体表に2~3mmの針穴を開けて直径1.5mmの針を数本刺し、CT画像で確認しながらがん細胞にガスを挿入する。その後、針先に氷の玉をつくり、患部を零下20~40℃まで急速に冷却する。医療ジャーナリストの油井香代子さんが言う。

「急激に凍結されたがん細胞は壊死します。死んだ細胞は時間とともに体内に吸収され、やがて消滅します」

 凍結療法は局所麻酔で行われ、短い場合は1時間ほどで終わる。

「まだ一般的な治療法ではないので施術を受けられる医療機関は限られますが、患者への身体的負担は少なく、通常は施術後3~4日で退院できます」(油井さん)

 欧米では前立腺がんと肝臓がんでよく使われるという凍結療法。国立がん研究センターは50代から90代の高齢の腎臓がん患者およそ50名に凍結療法を施したが、9割以上が完治し、再発者はわずか数%だったという。

 2011年から4cm程度以下の小さな腎臓がんを対象に保険適用となり、2015年には慈恵医大病院で前立腺がんの臨床研究が始まった。慶応大学病院では肝臓、肺、腎臓のがんに凍結療法を導入している。

 がん手術も進化している、手術支援ロボット「ダヴィンチ」は、3D内視鏡や7つの関節を持つ4本のロボットアームを備え、人間の目では見えにくいリンパ節や癒着した組織、1mm以下の血管などを簡単に切断、除去できる。

 すでに前立腺がんや胃がんなどで実績のあるダヴィンチだが、今後期待されるのは大腸がん手術での活躍だ。大腸がんは、細かい神経や血管が集中している狭い骨盤の奥が患部になると、熟練の医師でも手術が困難になる。

「出血も少なく体への負担も軽い。術後の傷口も目立ちません」(油井さん)

 研究の真っ只中にありながら未来の活躍に期待が高まっている細胞を紹介しよう。2015年、米国のペンシルベニア大学を中心とした研究グループの報告に医療界は騒然となった。彼らが発表した研究は、「がん治療を根底から変える」と期待される、「キメラ抗原受容体」と呼ばれる最新の技術を使ったがんの免疫療法だった。

 人間の体には異物や細菌などを殺し、病原体から体を守る「免疫細胞」が備わっている。そのうち、がんを攻撃する免疫細胞のひとつが、「キラーT細胞」と呼ばれる。

 この免疫療法では、キラーT細胞を人体から摂取し、そこに「キメラ遺伝子」というがん細胞から発生する特有のたんぱく質に反応する遺伝子を組み込み、その細胞を実験室で“トレーニング”し、再度体内に戻す。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが言う。

「簡単にいえば、がん細胞を探し、見つけたら攻撃して殺すようにキラーT細胞を訓練するわけです。この訓練後、キラーT細胞を元の人体に戻すとがん細胞を見つけて狙い撃ちするようになるので、がんの進行を止めることができます」

 米国の臨床試験では、進行性リンパ腫を患う19人の患者に対し、11人で完全にがんが消え、2人はがんが縮小した。

 早期発見や手術が極めて難しく、投薬治療の体への負担も大きいことから、「サイレントキラー」とも呼ばれる膵臓がんに対する治療効果も確認されている。

「細胞の遺伝子操作」というまったく新しいアプローチはがんに苦しむ患者や家族にとって大きな希望となる。欧米では5年以内の実用化を目指している。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
凍結療法 がん細胞含む体内細胞を凍らせ死滅させる治療法
第4のがん治療として期待 がんペプチドワクチン療法
米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。