体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツ在住者が伝える治安情報。ドイツ旅行で気をつけたいポイント6つ

ヨーロッパの中では治安がいいと言われるドイツ。ドイツ南西部に暮らしている筆者も怖い目に遭ったことはなく、ドイツが比較的安全な国であることを実感しています。

とはいうものの、世界で最も平和な国のひとつである日本と同じ感覚でいてはいけないのも事実。日本に比べるとテロのリスクも高いことは複数の事件が物語っています。ドイツを旅行するうえで注意すべきポイント6つをご紹介しましょう。

所持品の管理を徹底する

ドイツの治安って?ドイツ旅行で気をつけたいポイント6つ

ドイツに限った話ではありませんが、所持品の管理には十分注意してください。「スキのある旅行者」と思われてしまうとスリなどのターゲットになりやすいため、スキを見せないことが大切です。

具体的には、口がしっかりと閉まるバッグを使用する、バッグを無造作に床に置いたり、所持品から目を離したりせず、常にぴったりと身に着けるなどです。高級ブランドのバッグはそれだけで目立ってしまうのでおすすめできません。

必要以上の現金、パスポートなどの貴重品はむやみに持ち歩かず、ホテルのセーフティーボックスに預けることをおすすめします。多額の現金を持ち歩かざるを得ないときは一ヵ所にまとめず分散して持ち歩くようにしましょう。

複数犯による巧妙な手口のスリ事件も報告されているので、見知らぬ人がぶつかってきたときや、「服が汚れている」などと話しかけられたときにはスリ目的の可能性があることを念頭に置いて警戒してください。

周囲の空気に敏感でいる

ドイツの治安って?ドイツ旅行で気をつけたいポイント6つ

ドイツにおける移民人口は約1530万人で、総人口の19.2%にものぼります。このデータは2011年の国勢調査によるものなので、現在はさらに増えている可能性が高いでしょう。

決して、「移民=犯罪者」というわけではありませんし、中東やアフリカからの移民でも高い教育を受け、ドイツ社会で活躍している人も大勢います。とはいえ、平均的に見ると移民・難民の所得や教育の水準が低い傾向にあるのは事実です。また国や宗教の違いからヨーロッパとはまったく異なる価値観や倫理観をもつ人もいます。

さまざまな背景をもつ人が暮らすドイツでは常に周囲の空気に敏感でいることが大切です。たとえば、連れがいないのに大声で話している人物と電車の同じ車両に乗り合わせら車両を変える、騒いでいる集団や不審な人物からは離れるなど、不穏な雰囲気を感じたら見過ごさずに行動に移しましょう。

■関連記事
在住者おすすめ!欲しくなる、行きたくなるドイツのお土産おすすめ8選

http://tabizine.jp/2016/07/10/81129/

政治的なデモや集会に近づかない

ドイツの治安って?ドイツ旅行で気をつけたいポイント6つ

ドイツは難民の受け入れに積極的な政策をとってきましたが、それに対し反発する勢力も存在します。たとえば、反イスラムを掲げるPEGIDA(「西洋のイスラム化に反対する愛国的な欧州人」)などの団体は大都市を中心に難民反対の集会やデモ行進を開催しています。さらにはPEGIDAへの反対を表明するグループや集会も存在しています。

そういった政治的なデモや集会の場では、テロや暴力事件といった不測の事態が起きないとも限らないので不用意に近づかないようにしてください。

大規模なイベントやお祭りに注意

ドイツの治安って?ドイツ旅行で気をつけたいポイント6つ

大規模なイベントやお祭りはテロの危険性が通常より高まるだけでなく、窃盗や性犯罪の場になる可能性もあります。不特定多数の人が集まる大規模なイベントやお祭りにはやはりある程度のリスクがあることを認識しましょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。