体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アートディレクター』ってどんな仕事?【気になるカタカナ系職業を突撃取材!】

はじめまして、大学生ライターのかほちんです。音楽と人と旅が大好きな慶應義塾大学2年!ワクワクすることを見つけたらやりたいことに向かってまっしぐら!

さて、このコーナーでは憧れるけど謎すぎる、カタカナ文字の職業をご紹介!

2回目は、電車や街の中できっと誰もが一度は見たことがある“あの”広告を作っている、アートディレクター小口さんにインタビューをさせていただきました!

大きな窓のある気持ちの良い小口さんのオフィスで、小口さんが戻られるのを待ちました。そして、戻られてすぐインタビュースタート!(お忙しい中、一息付く間もなくありがとうございます)

—まずは、アートディレクターというお仕事を高校生に分かるように小口さんの言葉でおしえていただけますか?

(高校生向けに慎重に言葉を選ばれている様子…。)そうですね、ある目的に対して、美術(デザイン、写真、イラスト、素材、色、文字)を持ちながら、ヴィジュアル表現を作る仕事です。わかりやすそうなので例として「CDのジャケット」を取り上げると、その音楽を世の中で売るのために、その楽曲とアーティストを一番魅力的に伝えるのは写真か、イラストか、文字はどんな文字が必要か、いろいろな角度から吟味して、選び、構成して一枚の紙に定着させて一つのヴィジュアルを作ります。その作業の進行と細部に至るまでの決定の監督をする。ということです。

—ディレクターというと方向を指し示すようなイメージがありますが、丁寧に1つのものを最後まで丁寧につくりあげて行くお仕事ですね。小口さんが、アートディレクターの仕事をしていて、一番面白い!楽しいと感じるのはどんな時ですか?

依頼してくれた人が、提案した表現をすごく喜んでくれて、それが世の中に出て行った時に良い反応、良い結果が出た時は一番嬉しいです。作るものの中には必ずコミュニケーション、人に伝えるということが入っているんですね。それをどういう風に表現したらより魅力的に、多くの人に伝えられるかを、依頼してくれた人と何回も話をして形にしていきます。

—電車の中でおもしろい広告を見つけた時に、どういうことを言いたいのかな~と想像しているのですが、それがアートディレクターの方が仕込まれたコミュニケーションだったということは、新しい発見でした。

そうですね、楽しいモノを楽しく伝えたい。かっこ良いモノをカッコよく伝えたい。それが伝えるには何が必要なのか、を一枚の紙の中に仕込んでいくんです。例えば、これは最初のミーティングで、湧いたイメージをその場で描いたラフ。

▲これは最初のミーティングで、湧いたイメージをその場で描いたラフ。

—お仕事の流れでいうと、ポスターやウェブサイトなど最終的なアウトプットにするまでの間で、どこまで関わっているのですか?

基本的には最初から最後まで自分の手でつくります。自分でドローイングを描いてみなさんと共有して、一つ一つ仕上げていきます。このREBORN ART FESTIVALの例はとてもわかりやすいかも知れません。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。