ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口の中が痒い! 花粉症の人は果物アレルギーに注意!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パイナップルを食べた時に口の中が痛くなるのはフルーツ酵素によるものですが、桃やりんご、キウイ、サクランボなどのフルーツを食べて口の中が痒くなったり腫れたりするのは、果物アレルギーの可能性が高いのです。最近増えているという果物アレルギーについて調べてみました。

花粉症と関係あり?!果物アレルギーの人が激増中

果物アレルギーは花粉症の人がなりやすく、花粉症やアトピーの人が増加していることと比例して、果物アレルギーになってしまう人も増加しています。花粉症を引き起こす原因となるタンパク質(アレルゲン)、特にシラカバ花粉などに含まれるアレルゲンの構造が、フルーツや野菜、ナッツなどの植物性の食物に含まれるタンパク質の構造と共通しているため、摂取すると口腔内でアレルギー反応を起こしやすいそう。誘発しやすいフルーツには、りんご・キウイ・もも・メロン・サクランボ・マンゴー・グレープフルーツなどがあり、野菜はセロリ・にんじん・トマト・ナスなどの名前があがります。ちなみに食品ではありませんが、天然ゴムのラテックスも同様のアレルゲンと共通性があるとのこと。花粉症の人はゴム手袋にも注意が必要です。

後天性のほうが危険度が高い!

他のアレルギーと同じように、生まれつき果物アレルギーを持っている人もいます。しかし花粉症のように、今まで何ともなかったのにある日突然アレルギー症状が出る後天性タイプの場合もあります。後天性の場合、口の中の痒みや腫れだけでなく胃痛や嘔吐といった症状が出ることもあるそうです。また、これまで好きで何のトラブルもなく食べられていたフルーツが、ある日突然アレルゲンになるわけですからとても危険!まさかフルーツが原因とは思わず、食べ続けた結果症状が重篤になることもあるのです。フルーツを食べただけなのに吐き気や腹痛がする場合はアレルギーの可能性があるので、そのフルーツは控えた方がいいでしょう。

また、残念なことに一度アレルギーの症状が出た食物は基本的には治ることはありません。生涯控えた方が安心です。口の中が痒くなる程度で済めば良いですが、アレルギー反応はどう出るかわかりませんので注意しましょうね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP