ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本コカ・コーラの新社屋にお邪魔してきました

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本コカ・コーラは、1970年から2014年まで使用していた社屋を建て替え、7月25日から新社屋の稼働を開始。29日に開催されたメディア向けのレセプションで、新社屋がお披露目されました。



代表取締役社長のティム・ブレット氏が「グリーンなビル」と表現する新社屋。文字通り、『コカ・コーラ』の特徴的な“コンツアーボトル”をイメージした緑がかったガラスを使っているほか、水の再利用により年間に『い・ろ・は・す』ボトル(555ml)約431万本分の節水、LED照明と高効率の空調機器により建物全体のエネルギー使用38%削減を目標とするなど、環境に配慮した建物になっているそうです。



エントランスには“コンツアーボトル”型に壁をくりぬいたロゴ、床にはボトルそのものを輪切りにしたガラスを配置するなど、社屋のいたるところに“コンツアーボトル”や王冠のイメージを配しているのが特徴。



社員食堂の照明は“コンツアーボトル”を使ったLEDライト。ちょっと欲しいかも。





壁面のタイルやグラフィック、サインなど各所に“コンツアーボトル”のイメージを使用しています。





王冠を使ったロゴや壁面のデザインも目を引きます。


屋上には、『Googleマップ』で見たときに日本コカ・コーラの社屋だと一目で分かるように、“コンツアーボトル”型のデッキを設置しています。現在は建設中の写真が表示されていますが、更新されたらどのように見えるのか、ちょっと気になります。

Googleマップ

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP