ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏に最適!わずか10分で美味しい水出しコーヒーが淹れられる「Prisma」は米有名ショップが開発した”真空煎じ出し”技術が決め手!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
PrismaColdBrewコーヒーというと、お湯で淹れ、アイスコーヒーにしたいときは氷を中に投入するものだが、“水出しコーヒー”はまた違った味わいがあって、ちょっと贅沢だ。

というのも、通常水出しコーヒーをつくろうと思ったら、冷蔵庫に12時間以上置いておく必要があり、かなりの時間がかかる。

・10分放置するだけで、家庭で水出しコーヒーがつくれる!

FirstBuildが手がける「Prisma Cold Brew」は、そんな水出しコーヒーの世界に革命を起こす“水出し専用コーヒーメーカー”。なんと、10分もかからずに家庭で水出しコーヒーをつくれてしまうのだ。

国際的な家電メーカーの系列会社GE Appliancesからの支援を受け、開発が進められた。水出しコーヒーは、コーヒー豆のもつ香り、苦味、酸味といった風味が強く残るため、カップに入れたときに、それぞれの特徴がより際立ち、味わいをしっかり感じられるのが大きな魅力。

・独自の“真空煎じ出し”技術

PrismaColdBrew2「Prisma」は製品開発にあたり、アメリカの著名なコーヒーショップ“Sunergos Coffee”や、“SCAA(Specialty Coffee Association of America)”で“Cold Brew Throwdown”賞を受賞したBlake Nail氏とパートナーシップを組んだ。

コーヒー好きを満足させる品質は折り紙つき。独自の“真空煎じ出し”技術により、短時間で効率的に、コーヒーの抽出が可能になった。

・使い方は超シンプル

PrismaColdBrew3挽いたコーヒーを入れ、好みに応じて水を加える。ボタンを押すと抽出がスタート。10分とかからずに抽出が完了し、自動でコーヒーカラフェ内にストックされる。普通のコーヒーメーカーと使い方は変わらない。

あとは好みに応じて、氷やミルク、砂糖を入れて味わおう。わざわざ冷蔵庫に入れて、抽出待ちをする必要はなし。

・Indiegogoで出資を募集中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、超早期予約価格229ドル(約2万3200円)+配送料金でプレオーダー可能だ。

Prisma Cold Brew

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。