ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】No.1を死守するシーアに、メジャー・レイザーとジャスティン&ムーのコラボ曲が迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シーア初のNo.1獲得ソング、「チープ・スリルズ」が、2週目の首位をマークした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週、王者ドレイク(今週3位)を下し、自身初の首位を獲得したシーアの「チープ・スリルズ」が、今週さらにポイントを伸ばし、2週目のNo.1をマークした。しかし、2週目の首位獲得は「死守」というべきで、わずか1週にしてその座を奪われていた可能性も高かったのだ。

 その「チープ・スリルズ」に僅差に迫ったが、惜しくも2位どまりで初登場したのが、メジャー・レイザーの新曲「コールド・ウォーター」。デジタル・チャートでは首位をマークし、7月21日に公開されたリリック・ビデオも、1週間で3500万視聴回数を記録し大ヒット中。ミュージック・ビデオが公開されれば、さらにポイントを伸ばすことが予想され、短期間でシーアから首位を略奪することも十分考えられる。

 この曲は、ジャスティン・ビーバーとデンマーク出身のエレクトロ・ミュージックの新星ムーをゲストに招いた最新のダンス・ナンバーで、メジャー・レイザーの核であるディプロとジャスティンは、昨年「ホエア・アー・ユー・ナウ」で初コラボし、同曲を大ヒットさせている。また、この曲の主要メンバー、スクリレックスの新曲「パープル・ランボルギーニ」も、今週67位に初登場している。

 デビュー曲にして、初の首位獲得を果たした、新人ラッパー、デザイナーの「パンダ」は今週10位にダウンしたが、2ndシングルとして7月22日に発売された「ティミー・ターナー」が、46位に初登場した。「パンダ」同様、重低音を強調したトラップ・チューンで、若層を中心に人気が拡散中。期待が高まる両曲が収録予定のデビュー・アルバムの発売日は、今のところ発表されていない。

 リオ・オリンピックの開催に合わせ発売された、ケイティ・ペリーの新曲「ライズ」は、先週の初登場11位から43位へ、一気にランクダウンしたが、8月4日に公開予定のミュージック・ビデオが公開されれば、ストリーミング・ポイントの上昇により、息を吹き返すかもしれない。ケイティがパラシュートで飛び立つビデオのメイキング映像が公開され、ファンの期待が高まっている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、3日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「チープ・スリルズ」シーア feat.ショーン・ポール
2位「コールド・ウォーター」メジャー・レイザーfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー
3位「ワン・ダンス」ドレイク
4位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
5位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」ジャスティン・ティンバーレイク
6位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ
7位「ライド」トウェンティ・ワン・パイロッツ
8位「ニーデド・ミー」リアーナ
9位「センド・マイ・ラヴ(トゥ・ユア・ニュー・ラヴァー)」アデル
10位「パンダ」デザイナー

関連記事リンク(外部サイト)

8月13日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
8月13日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
ケイティ・ペリー、新曲「Rise」のスリリングなティーザー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP