ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「延命治療の発達が老人を苦しめる」現状にどう向き合うか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化が進む日本社会で、介護は無視することはできない問題だ。その苛酷さゆえに「介護殺人」などという悲しい事件が起きてしまうことも珍しくない。とはいえ、どれほど苦しくても、介護には必ず終わりが来る。最終的な問題は、どうやって「死」という最期を迎えるかだ。

 医療技術の進化により、延命治療は飛躍的に発展した。現在は回復の見込みがなく、死期が迫る高齢の患者に胃ろうや人工呼吸器などを用いる「延命治療」が盛んに行われている。

 しかし、そんな医療のあり方に疑問を投げかける医師がいる。東京・世田谷区にある特別養護老人ホーム「芦花ホーム」の常勤医・石飛幸三さんだ。『「平穏死」を受け入れるレッスン』などの著書がある石飛さんは、延命治療の発達で老人がかえって、「苦しみながら死んでいる」現状に疑問を抱き、7年前に自然なかたちで死を迎える「平穏死」を提唱した。

 このホームには平均年齢およそ90才の高齢者100人が入所している。寝たきりになると食べなくなって、やがて緩やかに人生の終着駅に向かう──。

「ここの入所者の多くは、飛行機がゆっくりと軟着陸するように老衰死を迎えます。私自身、過去に数々の処置で人々を延命させたけど、それはまだ先のある人に対してだった。老衰の終末期にはできるだけ医療を減らし、自然の摂理に従って最期を迎えることが大切だと思います」(石飛さん)

 栄養摂取のため腹部に穴を開け、胃にチューブを入れて流動食を流し込む「胃ろう」は延命治療のひとつだ。

 現在、芦花ホームには胃ろうの利用者が14人いるが、うち13人は外部で胃ろうをつけてから入所した人たちで、無理な量を入れないようにしている。同ホームに入所後に胃ろうをつけたのは1人だけで、家族が「どうしても」と希望したからだという。

 胃ろうをつけるのはほとんどの場合、本人ではなく、「できるだけ生きてほしい」という家族の願いによるものだ。しかし、家族間でも延命治療の希望が異なることがある。

 91才の女性・近藤のぶ代さん(仮名)は脳梗塞で倒れたが、本人の希望で病院には入院せず、芦花ホームで暮らしていた。介護職員の援助で食事も少しずつ食べられるようになったが、誤嚥をきっかけに体調が悪化した。

 この時、付き添いの長女らは「最期までホームで過ごさせたい」と願ったが、仕事の都合で遠方に住む長男が現れると状況が一変した。

 長男は「何の手立てもしないのか」と主張し、のぶ代さんを病院に連れていった。結局、のぶ代さんは延命治療を施されたのち、入院先の病院で亡くなった。

「親の死という特別な場面では、家族の間でも考えが違うことがある。最も優先すべきは、本人が何を望んでいるか。生前の意思表示がない場合は、本人の最終章をどのように人間らしく終えてもらうかを家族が真剣に考えて話し合ってほしい。それが家族にとっての責任だと思います」(石飛さん)

 長くつらい介護を終えた人たちが抱く思いはさまざまだ。両親を介護したファッションデザイナーの横森美奈子さん(67才)は母の逝去後、父を6年間介護した。

「ちょうど10年間の介護生活でした。私が頑張れたのは、自分が後悔したくなかったから。どんな介護をしても後悔はあるけど、あまり頑張りすぎてはダメ。完璧な介護なんてないんです」(横森さん)

 両親を介護した経験を持つノンフィクション作家の久田恵さん(68才)は母を老人ホームで亡くした後、父としばらく同居していたが、その父の要介護度が4になった時、母と同じホームに父の部屋を確保し、それから3年半後に父を看取った。通算21年の介護を終えた彼女は、「自分の人生」を大切にしてほしいと強調する。

「介護をやる前はとても自分にはできないと思っていたけど、絶対にできるんです。目の前に自分の助けを必要とする人がいれば、どんなハードルも越えられる。介護は先が見えなくてつらいけれど、そこからたくさんのことを私は学び、生きる力をつけました。何があっても自分の人生を捨てないことが大切です」(久田さん)

 後悔しない介護なんてない。後に悔いが残ったとしても、今やれることを無理せずやることが大切なのだ。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
病院が稼げる治療「胃ろう」 介護費と合わせて年間500万円も
延命治療 医師が殺人罪に問われるリスクあり中止しづらい
延命治療を断るために宣言すべき3つの項目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP