体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無印良品がはじめたマンション・リノベ! 住宅購入の新しい選択肢

無印良品がはじめたマンション・リノベ! 住宅購入の新しい選択肢

MUJI(ムジ)こと無印良品は、生活用品から衣・食までライフスタイルをトータル提案する人気ブランド。そのMUJIが住宅そのもの「無印良品の家」を販売し始めたのは2004年のこと。

そのMUJIが今度はマンション・リノベーション事業を始めたと聞き、どんな方法?デザイン?いくらかかる?と興味津々で話を聞きに行ってみた。

マンション住戸を、スケルトン=すっぴんにする!

現在、マンション・リノベーションは、まだ東京中心の事業エリアという事で、その本部がある無印良品・有楽町店へ向かった。

【画像1】東京・有楽町駅前の無印良品旗艦店3階にある、「MUJI INFILL 0」のリノベーション相談カウンター(写真撮影/藤井繁子)

【画像1】東京・有楽町駅前の無印良品旗艦店3階にある、「MUJI INFILL 0」のリノベーション相談カウンター(写真撮影/藤井繁子)

【画像2】マンションLDKサイズのモデルルームも併設(写真撮影/藤井繁子)

【画像2】マンションLDKサイズのモデルルームも併設(写真撮影/藤井繁子)

無印良品 有楽町リノベーションセンター豊田店長にお話を伺った。

——「MUJI INFILL 0(MUJIインフィル・ゼロ)と名付けたリノベーションは、どんなものですか?

無印良品の家では、一戸建て建築・賃貸マンションのリノベーションを経て、2015年9月から「MUJI INFILL 0」を商品化し分譲マンションのリノベーションをスタートしました。中古マンションが対象になりますので、より都市で住まう選択肢が増え注目されています。

「MUJI INFILL 0」というのは、住戸の床・壁・天井全てを撤去し、躯体・サッシに水まわりだけにした“リノベーションの原点=0”の意味。フル・スケルトンにする事で配管など構造性能までを一新するのが特徴です。一部のみのリフォームはお受けしていません。

——なるほど、間取りや内装を変更するだけのリフォームとは根本的に異なるようだ。

【画像3】これがフル・スケルトンの“すっぴん”状態。サッシはマンションの場合、共用部分である物件が多いので勝手に変更できない(写真/MUJI HOUSE)

【画像3】これがフル・スケルトンの“すっぴん”状態。サッシはマンションの場合、共用部分である物件が多いので勝手に変更できない(写真/MUJI HOUSE)

【画像4】古い配管も新しくして、間取りに合わせて再配置するので安心(写真/MUJI HOUSE)

【画像4】古い配管も新しくして、間取りに合わせて再配置するので安心(写真/MUJI HOUSE)

快適性&経済性を高める断熱には、この徹底ぶり!

住戸をフル・スケルトンにしたら、次に、全体を断熱化する。断熱性を高めることで、暑さ寒さを伝えにくくして快適な空間をつくり出す。結果、冷暖房の効率も良くなって電気代も抑えられるのだ。

【画像5】既存断熱材にさらに追加で断熱ボードを入れる。約3cm部屋側に厚みが出る形で住戸を覆う(写真/MUJI HOUSE)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。