ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国トップ学力誇る塾のない村 「家庭学習」の習慣が定着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 文部科学省が実施している「全国学力テスト」で、8年連続で1位となっているのが秋田県だ。さらに、その秋田県のなかでもたった2630人しか住んでいない東成瀬村は、県内トップクラスの学力を誇ることから、国内外から注目を集めている。その学力の秘密を知ろうと、日本全国だけでなく海外からも学校関係者が訪れているという。そこで、東成瀬村唯一の公立小学校である東成瀬小学校を取材した──。

 スーパーマーケットもなく、コンビニが1軒あるだけの東成瀬村には、民間の学習塾が存在しない。また、秋田県全体でも、塾に通っていない小学生は8割近くにのぼる。

 さらに2015年の家計調査によると、1世帯当たりが1か月にかける教育費は、秋田が4674円で全国最下位。全国トップの福岡は月2万169円かけているので、約4分の1だ。しかも、東成瀬小学校では基本的に宿題を出さないのだという。

 それなのに、いったいどうして8年もの間、全国トップクラスの学力を維持しているのか? その答えが「家庭学習」だ。その日の授業の復習をしたり、漢字の書き取りをしたり、好きな科目でテーマを見つけ、徹底的に調べたり…。とにかく家庭学習を毎日続けることが重要で、保護者にも徹底しているという。

「多くの子が復習に時間を割いているので、授業の定着度が高いんだと思います。また今日授業を見ていただいてわかったと思いますが、ここの子供は家庭学習で何を勉強してどれぐらいやるかっていうのは自分で決めています。自主的に自分のスケジュールを管理できています。ですから夏休みの計画も自分で決めることができるんです」(近藤幸一校長)

 決められたことを嫌々やる子供が多い「宿題」とは、全く似て非なるものだ。

 また東成瀬の子供に限らず、秋田の子供たちは、毎日決まった時間に就寝し、起床し、そして朝食を食べていると答えた割合がいずれも全国平均を大きく上回る。強制されることなく、自分自身を律しているのだ。

「そして多くの子供が自宅で復習をしています。わからないことは家族に聞くこともあり、より理解を深め、そうすることでますます勉強が楽しくなる。もっと頑張るようになります。自学ノートは保護者も目を通し、私たち教師も毎日コメントを書き込むので、そういったことで子供の向上心がさらに上がると考えています」(近藤校長)

◆“認められている”という気持ちになれるかどうかが、子供の満足度の決め手

 日本の子供は孤独で、自己評価が低く、将来に希望がないということがさまざまな調査で明らかになっているが、どうもこの村の小学校にはあてはまらないようだ。昭和大学医学部精神医学教室の岩波明教授が言う。

「日本の子供たちは学力レベルは低くないのですが、自己評価が低い。それは日本の教育が画一的なため、勉強ができる子供は上には上がいるという思いを募らせ、勉強ができない子供たちは劣等感が非常に大きくなっていく。

 そんななか東成瀬の小学校が行っている教育法は、個性を尊重しているということを、学校側がしっかり打ち出しているので、子供たちひとりひとりが、“認められている”という気持ちになって、自信が芽生え、それがやる気につながっているのでしょう」

 東成瀬で実践されている教育方法は中学を卒業するまで一貫して行われる。そのため中学校も全国学力テストでトップ常連となっている。東成瀬中学校の山崎守校長が言う。

「学年が高くなるにつれ、自分が社会に認められているという意識が上がっていきます。それはごく当たり前のことなんですが、そんななかでもここの学校の生徒たちは自己有用感が非常に高い。ですから中学生も学習意欲や生きていくエネルギーが非常に高いんです。他から認められることが大きな自信へとつながっているからだと思います」

 そういった子供の自尊感情は、もちろん家庭では家族がまず伸ばすことも非常に重要だ。

「いくら学校が個性を尊重してもほかならぬ親が誰かと比較して怒ってばかりいては、子供は変わらないはずです。この学校のように、子供との対話を通して物事に対する理解を深める手助けをする。それが親の役割かもしれません」(岩波さん)

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
学力1位秋田の東成瀬村 小学校図書費は全国平均の4倍超
学力トップ級秋田の無塾村小学校 消しゴムは白を指定
全国TOPクラスの学力 秋田の塾ナシ村の教育方法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP