ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月9に深キョンドラマと共通点 「毒舌オム男」がカギ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 桐谷美玲主演、山崎賢人、三浦翔平、野村周平の共演で話題の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)。桐谷演じるパティシエを中心に展開される、胸ときめくラブコメディーで、視聴率は10%前後好調だ。このドラマで描かれる今どき女子に、あるドラマのヒロインと共通点が…。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 そんなわけで、フジテレビ月9ドラマ『好きな人がいること』。失業したパティシエのヒロイン美咲(桐谷美玲)が、初恋の相手で今もドキドキする千秋(三浦翔平)に誘われて、ひと夏、彼の家に同居、湘南のレストランを手伝うことに。そこには千秋の弟で天才シェフの夏向(山崎賢人)と末弟で女好き冬真(野村周平)もいたという物語である。
 
 夏! 海! 湘南! 7月期ドラマの三拍子にイケメン三兄弟の三拍子も揃うこのドラマ。気になるのは、夏向が作る店の名物料理「オムバーグ」である。

 美咲がチェックしたレシピによれば、和牛100%を使った手ごねハンバーグに朝採れ卵を使用、そこにデミグラスソースがたっぷりの名物料理。とにかくみんな美味いと絶賛しているのだが、まかないで美咲に出してもらえるのは、耳たぶくらいのサイズ。「これは何の嫌がらせですか」「これしか残ってない。嫌ならまかないなし」。やっとフルサイズのオムバーグを出してもらっても「バーカ、食ったらさっさと仕込みしろ!」などと言われる日々である。

 ここで思い出したのが、今年の冬ドラマ『ダメな私に恋してください』だ。このドラマの主人公柴田ミチコ(深田恭子)は、30歳過ぎて独身。男に貢ぐ癖があり、借金まで背負っている。仕方なく、ものすごく口が悪い元上司で今は喫茶店を営む黒沢(ディーン・フジオカ)のところに居候、アルバイトさせてもらう。この黒沢の得意料理がオムライス。彼はミチコを「だからお前はダメなんだ」「全然治ってない」などと叱り、彼女が頼んだオムライスにはケチャップで大きく「ダメ」と書いたりする。その後、再就職した先で年下の二枚目同僚最上(三浦翔平)に見初められ、プロポーズされて有頂天になったミチコに黒沢は、「そいつは詐欺だ」と決めつけ、今度はケチャップで「サギ」とくっきりはっきり。言いたい放題だ。

 ドラマを引っ張る、毒舌オム男。特徴的なのは、オム男に罵倒されてもヒロインたちが幸せそうなこと。美咲は一口、オムバーグを口にしただけでうっとりし、夏向に「200点!」とにこにこだ。優しいだけのイケメンより、ダメなところはダメと怒ってくれるイケメンがいい。怒った後、美味しいオム料理を出してくれたら、もっといい。ムチとオム。今はこういう世の中なんでしょうか。

『ダメな私に恋してください』のミチコは、みんなの憧れの年下彼を振って、オム男を好きになってしまった。『好きな人がいること』の美咲はどうなるのか。なにしろ、恋しい千秋には、元カノ楓(菜々緒)が猛アタック中。美咲には「絶対に渡さないから!」と宣言するのである。(楓、怖い顔だ…わざとかもしれないけど、この時の菜々緒は眉毛が太い。威圧感も太い)

 オムバーグを食べて、あまりに幸せだったせいか、美咲はテーブルに突っ伏して眠ってしまう。ヒロインが無防備な寝顔を見せるのもラブコメの定番だが、それをじっと見つめてそっと顔を近づけるイケメン(夏向)がいるのもまた定番。やっぱり本命はオム男なのか。菜々緒の逆襲も含めて、気になる。

【関連記事】
謎の美女・美咲 海岸を歩くキミの胸元にドキドキしてしまう
謎の美女・美咲 バーで飲んで、飲んで、泣いて、酔い潰れる
食卓を片付ける謎の美女・美咲 エプロン姿の君の笑顔が好き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP