ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「いい歯科医」の条件 スタッフ定着率が高く待ち時間短いこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多くの人が一度はお世話になったことがあるのが歯科医だ。虫歯がたくさんあるという人、歯周病だという人、すでに入れ歯だという人など、いろいろなケースがあるだろうが、歯の健康がいろいろな病気に関係しているとも言われており、しっかりとした歯の治療を受けたいところだ。

 そこで、歯科医に「いい歯医者の見分け方は?」と聞いてみると、ほぼすべての先生が「いちばんよく聞かれ、いちばん困る質問」と言う。

 しかし、ほとんどの歯科医に共通していたのが「スタッフの定着率が高く、待ち時間が短い医院」という回答。みんなの歯科ネットワーク・副理事長で歯科医の大塚勇二さんはこう話す。

「スタッフはずっと治療を見ていますから、ずさんなところではまともなスタッフは耐えかねて離れていきます。また、予約しているのに毎回待ち時間の長い歯医者は、患者のことを考えていない傾向があります。治療内容を説明するのは当然ですが、“どんな疑問にも答えてくれる”ことと“治療の選択肢を与えてくれる”ことも大事です。法律的には最初に問診票を書いた時点で患者との間に委任契約が成立します。歯科医師に説明義務はありますが、1つ1つ患者に同意を求める必要はないんです」

 岩田有弘歯科医院院長の岩田有弘さんも「“患者のことを大事にしている”という観点から、新しくできた医院は患者を大事にしようという意識が高い」と話す。

 どの治療にも危険がつきもの。医師がスキルを磨き、説明責任を果たすことはもちろんだが、患者にも知識を持つことが求められている。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
歯周病治療で肝機能改善 NASH患者の数値が3か月で正常に
ざわちんを尊敬する女歯科医 マスクで口隠し毎回顔が異なる
江國香織の新作 感情に正直な男女の出逢いと別れの群像小説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP