ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

半藤一利氏 「EU離脱した英国にはナチスのトラウマがある」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英国が国民投票によりEU離脱を決めたとき、日本での報道は、これで英国は永遠にEUから離れるだろうという論調だった。新刊『世界史としての日本史』(小学館新書)で初対談した半藤一利氏と出口治明氏は、異なる視点から英国のEU離脱をみている。EUと英国は今後、どうなってゆくのかについて両氏が語りあった。

出口:英国のEU離脱についても、日本人の受け止め方には疑問を感じます。国民投票の結果が出たとき、僕は「10年後、連合王国は何事もなかったかのようにEUのメンバーに戻っているような気がする」とツイートしました。歴史を見ると、大陸から離れた英国の繁栄はありえないからです。

半藤:それはどういうことでしょう?

出口:わかりやすい例でいえば、ナポレオンが英国を攻めるとき何をしたかというと、「大陸封鎖令」を出して交易ができないようにした。第一次世界大戦時のドイツは、「無制限潜水艦作戦」で、英商船を沈めています。英国は海の国で、大陸との交易が生命線なので離れられないのです。

半藤:なるほど。

出口:もう一つの理由は、離脱を選んだのは高齢者が多く若い人は残留を選んでいるので、10年も経つと高齢者がいなくなって……。

半藤:賛否入れ替わると。高齢者のなかには、第二次大戦の前にナチス・ドイツが強くなりすぎて、悲惨な戦争に突入していったという記憶があるので、ドイツ一強のEUに飲み込まれることを恐れたのかもしれませんね。

出口:EUはドイツとフランスが核ですね。EUが誕生したときに僕が驚いたのは、100年の間に3回も戦争をした独仏が手を組んだことです。ドゴール仏大統領とアデナウアー西独首相は、「大陸のなかで殺し合いをしても誰も得しない」と、EUの枠組みを作った。独仏政府は、お互いの閣議に相手国の大蔵大臣を参加させるまでつながりを深くしています。

半藤:歴史的に常に揉めていた独仏が、これほど密接な関係を築いたことは今までにない。第一次大戦でも第二次大戦でも、ドイツとフランスの対立が大きな引き金になってきたわけですから。

出口:ですから、EUは独仏同盟であって、ここが崩れない限りEUは崩れない。しかし、英国からすると、独仏があまり強く結びついて、大陸が一つにまとまりすぎると、商売でも外交でも、独仏両国を天秤にかけてメリットを得ることが難しくなる。それが英国の伝統的なやり方なんですね。

半藤:大陸とはうまくやりたいが、かといって大陸が強大化、一体化しすぎることには警戒心を抱くわけですね。

出口:それが離脱の背景にあると思います。ただ、今回の件で米国は相当怒っているようです。英国はEUと米国をつなぐバイパスの役割を果たしており、そこに米国にとっての米英同盟の重要性があった。

半藤:米国は英国を通じてEUとつながっていたのが、切れてしまうことになる。

出口:そうなんです。ここでもパワーバランスの問題が起きている。つまり、英米VS独仏という構図があったのが、英国がバイパスになれなくなった。

 米国にとっては、日本と同様、英国の価値が下がっていくのではないでしょうか。

●でぐち・はるあき/1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、日本生命に入社。現在はライフネット生命保険代表取締役会長兼CEO。著書は『「全世界史」講義』I、II『生命保険入門 新版』『直球勝負の会社』など多数。

●はんどう・かずとし/1930年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。文藝春秋に入社し、「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て作家に。著書に『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』『昭和史』『日露戦争史』シリーズなど多数。

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
「ヒトラーのドイツに似ている中国」に大人の対応は必要か?
ともに敗戦国だったドイツとの違いから日本の未来を探る新書
「日本は独に見習え」論頻出の韓国 今度は「英国に見習え」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP