ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地方幹部抜擢のトウ小平氏の孫息子 動静確認できず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の改革開放路線の父とも呼ばれ、市場経済を導入するなど大胆な経済政策を打ち出した、かつての中国の最高実力者、トウ小平の唯一の孫となるトウ卓棣氏がこれまで勤務していた広西チワン族自治区平果県の幹部名簿から消えたことが分かった。「新京報」が報じた。

 トウ卓棣氏は今年3月、同県の中国共産党委員会副書記に昇格したことが地元紙「平果新聞」の報道によって確認されているが、その後の動静は伝えられておらず、すでに上級の行政府である右高市政府の幹部に昇格したか、あるいは国有企業の幹部に転じたなどとのさまざまな観測が出ている。

 いずれにしても、「トウ小平の孫」というサラブレッドだけに、党指導部が放っておくはずはなく、近いうちに、新しいポストに就任したとの情報が伝えられるとみられる。

 卓棣氏は小平氏の5人の子どものうち、二男のトウ質方氏の長男。1985年に、父が留学中だった米国で生まれ、現在31歳だ。

 北京大学卒業後、米名門のデューク大学に留学し修士課程を修了。ニューヨークの法律事務所に勤務していたが、2013年5月、中国メディアの報道から、平果県の副県長に就任していることが分かった。

 さらに、今年3月15日には同県観光企画座談会に同県党委副書記という県ナンバー2の肩書で登場したことから、「スピード出世」と報じられた。

 ところが、この7月16日に開催された県の党委員会の会議で発表された党委副書記のリストから、卓棣氏の名前が消えており、すでに同県を離れていることが確実となった。

 卓棣氏が現在、どの部署についているのかについて、中国メディアは一切報じていない。

 ただ、同県によると、卓棣氏は知識が豊富で、能力は突出しており、自分が目立つことは好まず、謙虚で真面目、注意深く勤勉で勉強好き──とほぼ満点の評価だった。

【関連記事】
トウ小平氏孫が地方幹部就任 早くも30年後の最高指導者の声
トウ小平氏の孫 中国と米国の二重国籍保持疑惑浮上に批判も
胡錦濤の息子、トウ小平の孫のロケット出世に批判出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。