ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

夏休みに家族旅行で行きたい「北海道」おすすめ観光スポット20選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏休みに家族旅行で行きたい「北海道」おすすめ観光スポット20選 北海道

夏休みの家族旅行はもう決まった?

家族みんなが楽しめる北海道の観光スポットをご紹介!

知床の大自然から小樽の運河など、雄大な自然から都会的な人気スポットまで北海道ならではの魅力がいっぱい。

この夏の思い出作りを計画しよう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

青い池

青い池

出典:じゃらん 観光ガイド 青い池

美瑛の白金温泉から車で約5分のところにある『青い池』。テレビや本で話題になり、観光客が増えている。神秘的で写真スポットにおすすめ。白金温泉に向かう『白金街道』沿いに看板がある。冬期間閉鎖。

\口コミ ピックアップ/

今回で5度目の訪問で3年連続ですが

いつの季節に見ても美しい。

いつも幸い好天なのも大きいでしょう。

(行った時期:2017年7月) 青い池

住所/北海道上川郡美瑛町白金

「青い池」の詳細はこちら

オンネトー

オンネトー

出典:じゃらん 観光ガイド オンネトー

「阿寒国立公園」にある湖。オンネトーは、アイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味。雌阿寒岳の噴火により螺湾川の流れが止められてできた湖。北海道三大秘湖のひとつ。見る時間や季節によって湖面の色が変化する「五色沼」。

\口コミ ピックアップ/

大きくはないですが とても神秘的な

雰囲気の湖です。湖面もきれいで

自然がたっぷり満喫できる場所でした

(行った時期:2017年7月) オンネトー

住所/北海道足寄郡足寄町茂足寄

「オンネトー」の詳細はこちら

神の子池

神の子池

出典:じゃらん 観光ガイド 神の子池

裏摩周の近くで、冷たく透き通った湧水による池。摩周湖の地下水が湧き出しており、池の底がエメラルドグリーンの神秘的な色彩を呈している。池の中にはオショロコマが泳いでいる。

\口コミ ピックアップ/

とても神秘木で美しかったです。グリーンが綺麗で、時間を忘れるほどでした。まるで、日本ではないような光景でした。

(行った時期:2017年5月)

摩周湖の伏流水が流れる神の子池は透明度が高くその水を見るだけでも感動で、まさに神が現れそうな雰囲気です。

不便な場所でオフロードと言うこともあって比較的静かに観光ができます。

(行った時期:2017年7月) 神の子池

住所/北海道斜里郡清里町字清泉

「神の子池」の詳細はこちら

礼文島

礼文島

出典:じゃらん 観光ガイド 礼文島

稚内から海上59km,礼文岳を最高峰に南北に細長い丘陵状の島。随所に高山植物が見られる。漁業が盛ん。

\口コミ ピックアップ/

夏の礼文島は、花がきれいで本当に気持ちが良くて、最高の場所だと思います。一度は絶対に行く価値ありですよ

(行った時期:2015年7月)

夏家族で、利尻・礼文に行ってきました。トレッキングが大変良かったです。途中、良い方とも巡り合い、楽しい旅になりました。

(行った時期:2014年8月19日) 礼文島

住所/北海道礼文郡礼文町大字香深村

「礼文島」の詳細はこちら

四季彩の丘

四季彩の丘

出典:じゃらん 観光ガイド 四季彩の丘

雄大な大雪算連峰と丘の景色を背景に7haの花畑が広がり、眺望抜群。春から秋まで30種類の花が見られます。冬はバギー・スノーモービル体験ができ、グリーンシーズンとは違う冬の丘の魅力を満喫できます。

\口コミ ピックアップ/

一面に広がる花畑、綺麗に配置された花、まるで華の帯、広大な敷地にこれだけの花が植えられ見た目最高であった。北海道ならではの景色と思う。

一面に見えるの最高に良かった。

(行った時期:2017年7月) 四季彩の丘

住所/北海道上川郡美瑛町新星第3

「四季彩の丘」の詳細はこちら

パッチワークの路

パッチワークの路

出典:じゃらん 観光ガイド パッチワークの路

ヨーロッパの田園を思わせるメルヘンチックな風景は、もう一人の自分と出会えるステキな場所。なだらかに続く丘を、時間をかけてゆっくり歩いてまわるのもいいが、自転車で風を切って走り抜けるのも最高に気持ちいい。どの季節も美しいが、季節によって表情がガラッと変わるので、何度でも訪れたい場所。

さわやか系CMロケのメッカ記念撮影の場所に

\口コミ ピックアップ/

ヘリコプターに乗って、空から見学をしました。本当にパッチワークみたいで、それはそれは綺麗で感動しました。

(行った時期:2012年7月)

夏になると北海道にはたくさんの観光客が来ますが、中でも人気の場所です。広々とした敷地に綺麗なお花が一面に広がってます

(行った時期:2017年6月) パッチワークの路

住所/北海道上川郡美瑛町

「パッチワークの路」の詳細はこちら

摩周湖

摩周湖

出典:じゃらん 観光ガイド 摩周湖

摩周火山爆発でできた火山湖。300~400mの絶壁と,古城のような摩周岳を配し,湖心に中島を浮かべる。水の流出入がないものも珍しい。日本で最も透明度が高い湖のひとつで「阿寒国立公園」内にある。1960年代に日本で「霧の摩周湖」という歌謡曲がヒットした事も手伝って、365日、濃霧につつまれているイメージが強い。

\口コミ ピックアップ/

摩周湖につくまでの間、霧がありませんように、晴れていますように、とドキドキわくわくできるのが嬉しいです。

ついてみたら、まるで鏡にような湖面に大満足です。

(行った時期:2017年7月9日) 摩周湖

住所/北海道川上郡弟子屈町

「摩周湖」の詳細はこちら

洞爺湖

洞爺湖

出典:じゃらん 観光ガイド 洞爺湖

支笏洞爺国立公園にある湖。日本で9番目に大きい湖。火山の活動によってできた、ほぼ円形のカルデラ湖。中島に森林博物館がある。昭和新山、有珠山、遠くに羊蹄山を望む。南西岸は洞爺湖温泉で、旅館・ホテルが林立し、バスや遊覧船の拠点になっている。山々と湖がおりなす景観美は、北海道三大景観に数えられる。

\口コミ ピックアップ/

天気にも恵まれて、とてもいい写真も撮れました。水辺には癒し効果大ありです。洞爺湖は昔から大好きな観光スポットですね。

(行った時期:2017年6月20日)

何度も行っていますが、すごくゆっくりできる場所です。

日中、家族で自然を感じながら散歩をしてきましたが、すごく気持ちが良かったです。

(行った時期:2016年8月) 洞爺湖

住所/北海道虻田郡虻田町虻田町/洞爺村/壮瞥町

「洞爺湖」の詳細はこちら

奥尻島

奥尻島

出典:じゃらん 観光ガイド 奥尻島

島全域が桧山道立自然公園である。海の幸、山の幸が豊富で、最近では奥尻ワイン、ブナの森なども人気がある。

\口コミ ピックアップ/

自然豊かな島で、人も少なく、のんびりとできます。

とれたての新鮮なウニがとてもおいしかったです。

(行った時期:2012年7月) 奥尻島

住所/北海道奥尻郡奥尻町字奥尻

「奥尻島」の詳細はこちら

知床岬

知床岬

出典:じゃらん 観光ガイド 知床岬

知床半島の先端で、知床岳の山稜が一気に海へ落ち込み、断崖が連なる。陸上からたどる道はない秘境。定期遊覧船から見るより方法はない。

\口コミ ピックアップ/

観光船で行くしかない知床岬。結構な値段がするので、二の足を踏む方も多いと思います。

しかし途中ではヒグマ等がかなりの確率で見ることが出来ますので、一度は行く価値があります。

(行った時期:2015年8月) 知床岬

住所/北海道斜里郡斜里町/羅臼町

「知床岬」の詳細はこちら

さくらの滝

さくらの滝

出典:じゃらん 観光ガイド さくらの滝

6月から8月にかけて高さ4mの滝をさくらますが遡上する。

\口コミ ピックアップ/

遡上するサクラマスが見られました。滝の勢いが激しく、こんな滝を登れるのか心配しましたが、サクラマスは力強く登って行きました。

(行った時期:2013年7月) さくらの滝

住所/北海道斜里郡清里町町字川向

「さくらの滝」の詳細はこちら

釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園

出典:じゃらん 観光ガイド 釧路湿原国立公園

1市2町1村にまたがり植物学的にも貴重な低層湿原と高層湿原を有し、昭和62年、国立公園の指定を受ける。丹頂鶴をはじめ野鳥の生息飛来地。釧路市北斗の湿原展望台と釧路町細岡の展望台からの景観がよい。温根内ビジターセンターの遊歩道と釧網本線の車窓からも湿原を間近に見ることができる。国立公園総面積26,861ha 釧路湿原総面積18,290ha

\口コミ ピックアップ/

地平線の奥までずっと続く湿原。日本のアマゾン!という感じ。降りたら動物がいっぱいいるかな?!と心躍る。東京から来るとこの広大さと広い空に心から癒される。

(行った時期:2017年7月6日)

北海道の広大さを存分に感じることができる場所でした。

空気もキレイですし、すごく気持ちが良いです

(行った時期:2016年12月) 釧路湿原国立公園

住所/北海道釧路市(釧路町・標茶町・鶴居村)

「釧路湿原国立公園」の詳細はこちら

知床五湖

知床五湖

出典:じゃらん 観光ガイド 知床五湖

知床半島を造る知床連山の山裾に点在する大小五つの火山性堰止湖。

北海道斜里町にあり、一湖から五湖までの名前が付けられているが、湿地帯にあるため、融雪期には数が増えます。

原生林に囲まれ、水面に映し出されるその姿は神秘的。

知床八景のひとつとして数えられ、観光のために一湖を見下ろす展望台や湖をゆっくり探索する遊歩道が整備されているが、遊歩道ではエゾリスやエゾシカなどの姿も見られるが、ヒグマの目撃情報もあるため、注意が必要です。

近年では遊歩道の入場制限や、利用者の事前レクチャーの義務付け、有料化など、「利用調整地区制度」が導入されています。

※遊歩道は冬期通行止め

\口コミ ピックアップ/

知床の自然をみました。親子グマや鹿などが目に見えます。とても良かったです。このようにみじかに見れることや感じることが大自然を実感しました。

(行った時期:2015年6月) 知床五湖

住所/北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別

「知床五湖」の詳細はこちら

登別温泉

登別温泉

出典:じゃらん 観光ガイド 登別温泉

登別温泉は北海道屈指の温泉地で、豊富な湯量と多彩な泉質に恵まれた温泉郷。火山性景勝地である「地獄谷」は登別温泉最大の泉源地で、1日1万トンのお湯が自然湧出している。また、地獄谷の周辺には遊歩道も整備されており、「奥の湯」や「大湯沼」などの景勝地を散策することができる。大湯沼川沿いの探勝歩道途中には全国でも珍しい「天然足湯」が体験できる場所が整備されており、国内外を問わず多くの方に人気のスポットだ。

\口コミ ピックアップ/

長い歴史の温泉街で、良い雰囲気です。

街も広すぎず、子供連れでも楽しめそうです。

いろんな泉質の湯が沸いているようで、ひとつの宿で数種類の湯が楽しめるのもいいなって思いました。

(行った時期:2017年6月)

湯量の豊富な温泉地で、温泉に来たという実感が味わえるところです。北海道の温泉では一押しのスポットです。

(行った時期:2017年5月) 登別温泉

住所/北海道登別市登別温泉町

「登別温泉」の詳細はこちら

旭川市旭山動物園

旭川市旭山動物園

出典:じゃらん 観光ガイド 旭川市旭山動物園

日本最北の動物園。動物にとって快適な空間を作り出し,動物が本来持っている生態・行動を引き出して見てもらうという「行動展示」の手法で,一躍全国的に有名に。その後,月間入場者数で東京の上野動物園を抜くなど,皆様に大変ご愛顧いただいております。

●水中でぺんぎんが飛ぶように泳ぐ姿を見られる「ぺんぎん館」,

●マリンウェイと呼ばれる水中トンネルを泳いで上下する姿が見られる「あざらし館」,

●ほっきょくぐまのダイブが見られる?かもしれない「ほっきょくぐま館」,

●モグモグタイムには地上17mでの空中散歩(綱渡り)が見られる「おらんうーたん館」,

●ヒョウの昼寝が頭上に見えるなど,ライオン・トラ・ヒョウなどが間近に見られる「もうじゅう館」,

●樹上生活者のクモザルと水中生活者のカピバラを同じ施設に同居させ混合展示を行う「くもざる・かぴばら館」,

●巨大遊具で自由に遊ぶ姿が見られる「チンパンジーの森」

●樹上生活者としての習性が引き出され上手な木登りを見ることができる「レッサーパンダの吊り橋」

など,人気施設が盛り沢山です。

平成20年には「オオカミの森」が新たに仲間入りしました。

\口コミ ピックアップ/

動物たちを近くで見ることが出来て迫力があって楽しかったです。園内は土日だったので混んでいましたが子連れでものんびり2時間くらい見て回れました。

(行った時期:2015年8月) 旭川市旭山動物園

住所/北海道旭川市東旭川町倉沼

「旭川市旭山動物園」の詳細はこちら

函館

函館

出典:じゃらん 観光ガイド 函館

函館のメインストリートである大門通りは飲食店が密集し夜遅くまで賑わう。末広町や弁天町は、赤レンガ造りで現在ビヤホールなどになっている金森倉庫群、和洋折衷の店舗太刀川家や函館博物館郷土資料館等が点在する。元町を中心に函館山北斜面に開けた山麓地区は、外国人墓地や教会、寺院、洋館など異国情緒あふれる町並みを見せる。

\口コミ ピックアップ/

何度も行きたくなる観光地の一つです。

歴史ある場所、異国を感じられる場所、自然を感じられる場所など、1つの街でこんなに色々揃っているのは本当に楽しいです。

美味しいグルメもたくさんあります。

(行った時期:2015年1月) 函館

住所/北海道函館市松風町4

「函館」の詳細はこちら

五稜郭公園

五稜郭公園

出典:じゃらん 観光ガイド 五稜郭公園

五稜郭は徳川幕府がエゾ地防備の目的で建てた数少ない洋式城郭で堀の内側が公園になっており、市立函館博物館五稜郭分館があり、桜や藤の花が美しい。

\口コミ ピックアップ/

とても 公園内は広く 歩くだけでも

楽しめます。 城跡の痕跡を見ながら

楽しむのもよし、散策しながら歩くのもよしでした。

(行った時期:2015年7月) 五稜郭公園

住所/北海道函館市五稜郭町44 MAP

「五稜郭公園」の詳細はこちら

小樽運河

小樽運河

出典:じゃらん 観光ガイド 小樽運河

運河に沿って、石造りの倉庫群や歴史的建造物などが点在している。夕暮れ時にガス燈の火が灯りはじめて、空にあわく夕陽が残っている光景は、なんともいえない趣があり、ロマンチックな雰囲気をかもしだしている。まわりには倉庫を改築したレトロなレストランなども多く、ぜひ一度は訪れてみたいスポットだ。

63基のガス燈が夜をロマンチックに盛上げる

\口コミ ピックアップ/

早朝の小樽運河の散策は静けさとレトロな街並みが楽しめます。夜は、運河を照らす灯りが、とても雰囲気が良くて心が落ち着きます。食べ歩きもよいですし、お寿司なども美味しくいただきました。おすすめです(*^-^*)

(行った時期:2017年7月2日)

景色がサイコーな上に、クルーの案内がとても面白くて、レトロな雰囲気を満喫出来ました♪ 運河を船で回るとゆったりした気分になって良かったです!

(行った時期:2017年6月) 小樽運河

住所/北海道小樽市港町

「小樽運河」の詳細はこちら

白い恋人パーク

白い恋人パーク

出典:じゃらん 観光ガイド 白い恋人パーク

北海道銘菓「白い恋人」の工場見学のほか、イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」、自分だけの白い恋人を作ることができる「お菓子作り体験工房」など、見て、食べて、楽しむことができるお菓子のテーマパーク。

\口コミ ピックアップ/

お菓子だけじゃなく小物のお土産も可愛くて目移りします。ちょっと場所が辺鄙なので、タクシーの方がいいかな。

(行った時期:2017年6月)

北海道の定番土産の白い恋人のテーマパークです。

訪れる価値ははっきり言って、とてもあると思えました。

オススメしています。

(行った時期:2016年8月) 白い恋人パーク

住所/北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

「白い恋人パーク」の詳細はこちら

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

出典:じゃらん 観光ガイド ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

冷涼で湿潤な気候、水に恵まれ、空気も澄んでいること、このようなウイスキー作りに必要なものが余市にはあるのです。ニッカウヰスキー北海道工場は、ウイスキーの故郷スコットランドの雰囲気が静かに漂うレトロでお洒落な空間。工場見学のほかにも、樽から出したままの貴重な原酒をお求めいただける余市原酒直売所、お土産など色々なものを買える売店ノースランドがあります。また、ニッカ会館ではウイスキー・ソフトドリンクの試飲が出来るほかレストランで食事が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

当時のままの由緒ある工場を見学したあとは、ウイスキーの試飲が出来ます。子どもにもジュースが用意されていますので安心です。

(行った時期:2017年5月)

子供たちと工場見学に行ってきました。ウイスキーの試飲ができて良かったです。子供たちはリンゴジュースがもらえました。

(行った時期:2016年5月) ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

住所/北海道余市郡余市町黒川町7-6

「ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所」の詳細はこちら

※この記事は2017年7月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

無人島探検に田舎暮らし!オモシロ体験が出来る宿【関西・中国】家族旅行にオススメ♪
海BBQに水族館に赤福氷まで!絶対行きたい三重のおすすめスポット
驚くほど絶景!一生に一度はしたい♪おすすめ絶景体験7選【関西中国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。