ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横須賀の夜空に「オーロラ」!?この夏必見「ソレイユの丘」のナイトショーとは【神奈川】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一生に一度は観てみたい……。

旅行好きな人々を対象に、「死ぬまでにしたいことリスト」を作るとしたら、きっと多くのランクインが予想される憧れの存在、オーロラ。

でも、アラスカやカナダ、北欧などわざわざ遠くの海外に行かなくても、そんな夢のようなオーロラを疑似体験できるイベントがあったんです。

「長井海の手公園 ソレイユの丘」で、8月21日まで開催されている「オーロラびゅ~ナイト2016夏」。

ここで観られるのは、夏の夜空にまたたく光の芸術と音楽の競演。

この夏とっておきの想い出になること間違いなしの注目イベントをご紹介します!

長井海の手公園 ソレイユの丘「オーロラびゅ~ナイト2016夏」

夏の夜空を彩る光と音の競演

北極や南極地方で発生する幻想的な光のカーテン、オーロラ。

天からの贈り物とも言うべき神秘的なオーロラ観賞は、人生観が変わるほどの感動体験とも言われます。

いつか叶えたい夢の1つとして語られることの多いオーロラですが、実は、国内にも「オーロラビュー」をうたうスポットがあったんです!

オーロラの舞台は、神奈川県横須賀市にある「長井海の手公園 ソレイユの丘」。

ここは、自然や動物との触れあいや、三浦半島の海や農業体験など、心ときめくあらゆる体験をすることができる総合公園です。

すばらしいのは、その立地。相模湾、富士山、湘南を望む岬に広がる公園は、視界が広く、どこにいてもいつも大きな空を感じることができます。

子ども連れなら、日中は無料の水遊び場「じゃぶじゃぶ池」で過ごすのもオススメ

そんな抜群のロケーションを活かし、昨年の夏、初めて開催されたのが「オーロラびゅ~ナイト」。

頭上に広がる大きな空をキャンパスに、本物のオーロラの感動を再現しようということで、プロジェクトが始まりました。

極地でもなんでもない三浦半島の空に、オーロラができる仕組みはこう。

ヒノキなどの間伐材を燃やして空中にスモークを張り、大空に巨大スクリーンを作り出します。

そこに色とりどりのレーザー光線を照射させることにより、幻想的な光のカーテンが出来上がるのです。

全25分間の上映中、わきおこる感動をより強いものにしているのが、音楽による演出です。

バックに流れるのは、幻想的な雰囲気にぴったりの壮大な劇音楽。

メロディアスな序奏から力強く華やかなクライマックスまで、テンポや曲調に合わせてオーロラの光がまるで歌っているかのように、表情を変え続けます。

レインボーに輝く光にうっとり。昨年の夏は23日間で7713人、冬は16日間で 4724人が参加。口コミでも人気が高まっている

天然のオーロラは、まるで生き物のように絶えず色や形が変わり続けるそうです。

もちろん本物とは異なりますが、「オーロラびゅ~ナイト」も一瞬たりとも目を離せないほど変化に富んでいます。

花火とも、プロジェクションマッピングとも違う、光と音楽が織りなす唯一無比のアートといってもいいかもしれません。

恋人や家族、友人など大切な人といっしょに、記憶に残る夏の想い出づくりにピッタリのイベントですね。

バンド演奏や吹奏楽、フラメンコなどさまざまな演奏が楽しめるナイトコンサート(無料)

まとめ

以上、「長井海の手公園 ソレイユの丘」の最新情報をお届けしました。

見応え抜群の「オーロラびゅ~ナイト」ですが、週末はナイトコンサートや

野外で楽しむ手ぶらBBQ、21時30分までオープンしている温浴施設もあります。

期間中は毎日、野菜中心の農村バイキングも営業中。

五感でたっぷり夏の夜を楽しんで下さいね!

■オーロラびゅ~ナイト2016夏

期間:7月30日(土)~8月21日(日)

時間:18時~21時 長井海の手公園 ソレイユの丘「オーロラびゅ~ナイト2016夏」

TEL/046-857-2500

住所/神奈川県横須賀市長井4丁目地内

営業時間/9時~18時(季節により変動) ※「オーロラびゅ~ナイト2016夏」は18時~21時

定休日/なし

アクセス/車:三浦縦貫道路林ICよりR134経由で5分

駐車場/1500台(1日1000円) ※16時以降は無料

料金/ オーロラ観賞料:大人(中学生以上)1000円、小学生以下無料 ※公園への入場は無料

※この記事は2016年7月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

エキスポシティにレゴランド(R)…大阪の人気スポットで話題あそび♪
日本モンキーパーク、日光川、愛・地球博記念公園…愛知のプール13選
今夏オープン!プレジャーフォレストの「ターザンマニア」が楽しすぎると話題【神奈川】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。