ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ティーンを中心に人気を集めるヘイリー・スタインフェルドの魅力を凝縮した『ヘイズ』(EP Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ティーンを中心に人気を集めるヘイリー・スタインフェルドの魅力を凝縮した『ヘイズ』(EP Review)

 カリフォルニア州生まれ、ニューヨーク州出身。19歳のポップ・シンガー、ヘイリー・スタインフェルドのデビュー・ミニアルバムが、2016年8月19日に発売される。

 2015年8月、シングル「ラヴ・マイセルフ」でデビュー。ミュージック・ビデオの再生回数は1億2000万回を突破し、米ビルボード・ソング・チャートでは、最高位30位をマーク、ポップ・チャートでは15位まで上昇した。日本でも度々耳にする機会が多くなったことで、ティーンを中心に人気を集めている。

 2ndシングル「ロック・ボトム」には、「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」が大ヒット中の、ジョー・ジョナス率いるDNCEが、3rdシングル「スターヴィング」には、EDM界の貴公子、ゼッドが参加。プロデューサーには、テイラー・スウィフトやカーリー・レイ・ジェプセン、エリー・ゴールディング、セレーナ・ゴメスなど、名だたるポップ・シンガーを担当した、マットマン&ロビンが務めている。

 この3曲のシングルの他に、海外盤の4曲目に収録された「ヘル・ノーズ・アンド・ヘッドフォンズ」、2月に開催された【第58回グラミー賞】で<最優秀新人賞>にノミネートされた、ジェイムス・ベイの大ヒット曲「レット・イット・ゴー」のカバー、「ラヴ・マイセルフ」のアコースティック・バージョンも収録される。

 また、大ヒット・ミュージカル・コメディ映画『ピッチ・パーフェクト2』のサントラ盤に収録された「フラッシュライト」や、同NY出身のエレクトロ界の新星プリンス・フォックスとのコラボ曲「フラジャイル」も収録予定。海外盤は4曲のEP盤だったが、日本のデビュー盤は、ミニ・アルバムと表記があるも、ほぼ「フル・アルバム」と呼んでいい大ボリュームに仕上がっている。

 女優としても目覚ましい活躍をみせるヘイリー。本作のリリースをキッカケに、日本でも今後注目される存在になることは間違いないだろう。

◎「ラヴ・マイセルフ」MV
https://youtu.be/bMpFmHSgC4Q

◎リリース情報
『ヘイズ』
ヘイリー・スタインフェルド
2016/8/19 RELEASE
デラックス・エディション(+DVD) 3,240円
通常盤 2,160円

関連記事リンク(外部サイト)

ヘイリー・スタインフェルドの来日記念ミニライブ&サインお渡し会が急遽決定
ヘイリー・スタインフェルド 新作プロモのため今年2度目の来日が決定、抽選でミーグリチャンスも
ケイティ・ペリー、新曲「Rise」のスリリングなティーザー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。