ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若手だけじゃない!懐かしのナンバー多数収録の『ゴーストバスターズ』サントラ(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1984年に公開され、大ヒットを記録した映画『ゴーストバスターズ』のメンバーが女性になった話題の新作が、2016年8月19日から全国公開される(先行公開は8月11日~14日 一部劇場除く)。

 吹き替え版の声優を務めた、お笑い芸人の友近、渡辺直美が、現地時間7月9日にLAで開催されたワールドプレミアに参加し、主題歌を歌うR&Bシンガー、レイ・パーカー・Jr.とセッションしたことが話題となったが、その「ゴーストバスターズ」のテーマソングを含む、最新作のサウンドトラック盤が、同日7月15日にリリースされ、8月6日付米アルバム・チャートで18位にデビューを果たした。

 本作には、昨2015年「シャット・アップ・アンド・ダンス」で大ブレイクを果たしたポップ・バンド、ウォーク・ザ・ムーンによる「ゴーストバスターズ」のカバーから始まり、「ミー・マイセルフ&アイ」がロングヒットを記録しているラッパー、G・イージーと、R&Bシンガーのジェレマイによるコラボソング「ソウ・イット・カミング」など、冒頭からスリリングなナンバーが続く。

 先行シングルとしてカットされた、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの最新シングル「ガールズ・トーク・ボーイズ」は、映画のシーンも一部起用された公式ビデオが公開され、チャートを上昇中。ワン・ダイレクションから初のソロ・デビューを果たした、ゼインの新曲「wHo(フー)」は、映画の挿入歌らしい、スタンダードなポップ・ソングに仕上がっている。

 本作には、偶然か?映画公開翌日の、8月20日、21日に開催される【SUMMER SONIC2016】に出演予定のアーティストが、3組も参加している。圧倒的歌唱力が絶賛されているエル・キング、2015年の年間チャートNo.1をマークした、「アップタウン・ファンク」の生みの親、マーク・ロンソン、そして日本のTV番組にも頻出し、そのハーモニーが話題をよんだアカペラ・コーラス・グループ、ペンタトニックスの新曲も、『ゴーストバスターズ』の最新サントラ盤で聴くことができる。

 また、若手だけでなく、90年代を代表するラッパー、DMXの大ヒット曲「パーティー・アップ」や、ディスコ世代には懐かしい、デバージの「リズム・オブ・ザ・ナイト」など、過去の名曲も起用されている。もちろん、レイ・パーカー・Jr.が歌うあのテーマソング「ゴーストバスターズ」も、ラストに収録されているのでご安心を。

 国内盤は8月17日発売予定。国内盤ボーナス・トラックには、ノー・スモール・チルドレンによる「ゴーストバスターズ」も収録される。

◎リリース情報
『ゴーストバスターズ』
OST
2016/8/17 RELEASE
2,376円

関連記事リンク(外部サイト)

フォール・アウト・ボーイとミッシー・エリオットが『ゴーストバスターズ』最新作のためにテーマ曲をリメイク
友近と渡辺直美がハリウッドでレイ・パーカーJr.と「ゴーストバスターズ」を大合唱
サマソニ、ゴーストバスターズも話題の“新・ロックンロール女王”、エル・キングの魅力をあらためておさらい

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP