ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Z Playが中国で認証を取得、厚みは6.99mm

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Moto Z シリーズの未発表モデル「Moto Z Play」と見られる Motorola ブランドのスマートフォンが工信部の認証を取得し、端末の外観と一部のスペックが明らかになりました。端末の外観は既に発売された「Moto Z」「Moto Z Force」と共通のデザインを採用しており、背面には MotoMods 用の Pogo ピンも確認できます。工信部の認証情報によると、Moto Z Play の筐体サイズは 156.4 × 76.4 × 6.99mm で、厚みは Moto Z Force と全く同じ。しかし、縦横のサイズはそれぞれ 1mm ほど拡大しています。また、工信部の認証情報から 3,510mAh のバッテリーを搭載していることも判明しました。こちらも Moto Z Force とほぼ同じです。このほか、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 625 2.4GHz オクタコアプロセッサ、2GB / 3GB RAM、16GB / 32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラを搭載していると言われています。Source : Google+

■関連記事
GoogleのNexus 2016年モデルが10月4日に発表されるとの噂
サンコー、スマートフォン用3軸電子制御式カメラスタビライザー「3AXWSGBW」を発売
LGは21:9 シネマスコープサイズのスマートフォンを今後発売?「UltraWide Mobile+」を商標出願

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP