ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

絶妙なタイミングで提供される絶品天ぷらが1,000円以下でコスパ最強!【博多】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lb:20160630114145j:plain

天ぷらといえば、なかなかカリッふわっと揚げるのは難しいですよね。

かと言って、料亭などでいただけば、美味しいけれど、それなりの値段が……。

しかし、福岡県なら「天ぷらのひらお」があるじゃないか!

ということで、美味し~い天ぷらが食べたい! という時はこちらにうかがいます。

f:id:mesitsu_lb:20160630114155j:plain

場所は福岡空港から徒歩15分。向かいには福岡空港国際線がみえます。

f:id:mesitsu_lb:20160630114201j:plain

こちらが「天ぷらひらお」です。横にひろーい店内。裏にも広い駐車場が広がります。

理由は……。

f:id:mesitsu_lb:20160630114206j:plain

席が全てカウンターだからです。

店内に並ぶ3台のフライヤーから、職人さんがタイミングをみて、天ぷらを持ってきてくれるスタイル。なので、みんなカウンターにずらっと並んでいただくのです。

しかし、16時でこのお客さんの数!ここにアイドルタイムはないですね。いつも満席。

f:id:mesitsu_lb:20160630114415j:plain

揚げたての天ぷらを出すためにすべてが効率的。食券を利用。

f:id:mesitsu_lb:20160630114419j:plain

どれも美味しそうで迷ってしまう!

f:id:mesitsu_lb:20160630114423j:plain

こちらがメニュー。一品追加もOKなのがありがたいですね。

f:id:mesitsu_lb:20160630114220j:plain

席につくと、大根おろしたっぷりの天つゆを出してくれます。※大根が少なくなると、「足しましょうか?」ってすぐ聞いてくれます。

f:id:mesitsu_lb:20160630114243j:plain

注文が入ると、真剣な表情で、さっと揚げてくれます。5分も待たずに……。

f:id:mesitsu_lb:20160630114311j:plain

さっそく、揚げたてを持ってきてくれました。

カウンターでなくてはならない理由はこのため。お皿にものせないのです。

フライヤーから、空中を通って、わたしの元へ。

f:id:mesitsu_lb:20160630114330j:plain

アナゴがやってきました。アナゴ定食(ごはん小)690円。

大きめのアナゴがついて、ごはん小とはいえ(ふつうの定食のごはんくらいあります)700円を切る値段で食べられちゃいます。

f:id:mesitsu_lb:20160630114150j:plain

独自のルート仕入れた、味もしっかり、ふっくら美味しいアナゴです。

こんな立派なアナゴがこの料金で食べられるなんて、素晴らしい!!

丁寧な下ごしらえ、衣はサクッと軽く、アナゴはふんわりしていて、甘みさえ感じます。大根たっぷりの、甘すぎず出汁が効いたおいしい天つゆにぴったりなんです。

f:id:mesitsu_lb:20160630114346j:plain

それからナス。次の一品は、タイミングを見て持ってきてくれますよ。

f:id:mesitsu_lb:20160630114352j:plain

お次はカボチャ。

サクサク感つたわりますでしょうか。黄色くて甘い。

f:id:mesitsu_lb:20160630114356j:plain

そして、鶏肉がやってきました。

アナゴも登場したのに、鶏肉も登場するボリュームで大満足です。

こちらもふっくらやわらかです。天ぷらだからこそ、ふんわりと柔らかくお肉自体の美味しさをいただけます。

f:id:mesitsu_lb:20160630114401j:plain

〆はピーマンでした。こちらも美味。

もうお腹はいっぱいです。でも全然もたれないんです。

軽くてサクッとした衣のせいでしょうか。この軽さなら明日も食べられそう。

f:id:mesitsu_lb:20160630114405j:plain

こちらのいかの塩辛を目当てに来店する人がいるほど人気のゆず風味の塩辛です。

お店だと、どれだけ食べてもOKのようです。

塩辛でありながら、ゆずが香り、全然塩辛くないです。子供でも食べられそう。

f:id:mesitsu_lb:20160630114410j:plain

平日1日1,000人、土日で1,200人を超えるお客さんが押し寄せる、繁盛店を取り仕切っているのが、陣内店長。

これだけお客さんからの信頼が厚いお店。プレッシャーもひとしおだろうなぁと思いつつ……。

──1番気をつけていることは何ですか?

陣内店長:「一人ひとりのお客さんを大切にするということです。たくさんの数をこなそうと流れ作業にならない。ひとりひとりのお客さんのタイミングで、美味しく召し上がっていただけるようにサービスするということです」

確かに、サービスのスピードは早いものの、きちんと対応してくれるのが分かります。

天ぷらを揚げられるようになるまで、まずはホールを経験して、2、3年はかかるそうです。「お客さんが分からないと、天ぷらは揚げられませんから」と、店長。

これだけのクオリティーのものを提供するというのは、生半可のことではありません。

帰りには、スタッフ全員から「ありがとうございました!」って元気に気持ちよく言ってもらえますよ。旨い、安い、だけではなく、サービスまで徹底しているんですね。

f:id:mesitsu_lb:20160630114433j:plain

▲いかの塩辛(小)620円

最後に、人気のイカの塩辛をゲット。

またうかがいたいと思います!

お店情報

天ぷら ひらお 本店

住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1

電話:092-611-1666

営業時間:10:30~21:30(LO 21:00)

定休日:年末年始

ウェブサイト:http://www.hirao-foods.net/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:安藤エリカ

安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

ひとくち餃子の街に新風! 天国に誘う肉汁たっぷり餃子
福岡の老舗「ブラジレイロ」で洋食と自家焙煎珈琲を味わう
福岡のご当地麺「ラーソーメン」。老舗居酒屋「ふとっぱら」の真髄

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。