体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案! 圧倒的に効率がいい!夏休み受験勉強法【肘井学先生】

この夏、受験勉強をはじめる高校3年生のきみ。よ~し!受験勉強始めるぞ!!!と意気込んだそのあと、何からはじめました??きみが選んだその1歩目、もしかしたらちょーーっと効率悪いかも…。時間が限られている受験生だからこそ、効率よく勉強をしてほしい。そんな想いから、放課後版編集部は長年受験生を応援し続けてきたスタディサプリの一流講師陣に、残りの夏休み使って効率よく受験勉強をする方法を教えてもらいに行ってきました。第5回目は英語の肘井先生です。勉強法に迷っている人必見です!

苦手から逃げない自分になるために!1日1長文を習慣化せよ!

(要するに) 1日1個の長文読解を習慣化する 毎日必ず復習の時間をとり、復習では音読を10回する 同じ問題は2周まで。未知の問題にも立ち向かえる準備をしよう

夏のうちに逃げずに立ち向かう!1日1個長文を読め!

Q.ズバリ、高3の夏休み後半をどう使うのがよいでしょうか?

夏の前半で単語や文法がある程度終わったなら、長文読解に入ってください。とにかく1日1個長文を読む。これを習慣にしてほしい。勉強のやり方は予習→授業→復習の順がベスト。まず予習では、30分くらいと時間を決めて問題を解いてみる。わからない単語は能動的に辞書で引いて調べる。次にサプリを使っているなら授業を聞く。そして復習。復習では、全訳と英文を照らし合わせて構文把握し、わからない単語を必ずその場で覚える。

そして音読を10回やる。これが最も大事。音読をすると構文把握力がつき、単語や熟語も定着する。さらに速読もできるようになります。これは最大のメリットです。英文のボリュームは、初めは5行くらいの中文くらいから初めていい。徐々にボリュームを増やしていって、最終的には試験問題レベルの長文を読めるように。サプリを使っている子は前から順に講義を受けて行けば自然とボリュームが増えていくようになっているので、1講から順に受けてください。

筋トレと同じ。ちょっと負荷をかけるのがちょうどいい。

Q.1日1長文読解をする際、どんな教材を選ぶといいですか?

まずレベルは、今の自分にとってちょっと難しい、そのくらいのものを選ぶのがいいですね。スポーツも筋トレもそうですが、少し負荷がかかる状態で初めて力がついてくる。長文読解だってそう。わからない単語がなくスラスラ読める文章をいくら読んでも力はつかない。だから問題集のページをめくってみて、文章中にわからない単語がいくつかあるものを選ぶのがいいですね。次に種類ですが、学校で配られているものや手持ちがないなら、関先生の「大学入試 関正生の英語長文プラチナルール(KADOKAWA)」と僕の「難関大のための 上級問題 特訓リーディング(旺文社)」この2冊を仕上げてくれれば鬼に金棒です。この2冊をおすすめする最大の理由は、教科書や他の問題集では語られていない、英文ならではの書き方やルールについて網羅的に学べるから。例えば、some~others・・・を見たら何の目印かわかりますか?実は、具体例がくるという目印なんですが、こうゆうルールを知っているかどうかで、長文を読み説く速度は格段に変わるからね。


2次試験は夏のうちに傾向把握。センターは12月からでもいい。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。