体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポートケイ・オプティコムが運営するMVNOサービス「mineo(マイネオ)」は、7月30日に大阪で、翌31日には東京で、大規模オフ会「mineoファンの集い」を開催。今回取材した東京会場には、抽選で選ばれた100名のmineoファンを招待し、3部構成のトークセッションが行われました。

第1部は「mineoを知る」と題して、モバイル事業戦略グループ モバイル事業戦略チーム チームマネージャーの森隆規氏が登壇し、MVNO市場動向と今後の取組みについて説明。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
大手キャリア(MNO)と格安SIMを提供する事業者(MVNO)は、料金やサービスの違いでそれぞれのセグメントで競争をおこなっていました。しかし昨今、MNO事業者の格安プランや、MVNO事業者のさらなる低価格化、サポートの強化など、競争は激化しています。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
mineoではそうした競争に参加するのではなく「MVNOだからこそできること」に注視し、「Fun With Fans!」という独自のブランドステートメントを掲げ、ユーザーとmineoが一緒に「便利で、楽しくて、面白く」を創っていると話しました。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
MVNOの市場動向として今年の春商戦以降、女性と20代の男性の加入者比率が上昇していると報告。そのなかで、一般のユーザー層がMVNO事業者を選ぶポイントは「安心感・メジャー感」、「身近さ、口コミ」、「サービスラインナップ」の3点がセットになっているそうです。

そこでmineoは、一般層への不安払拭と競争激化に対して、「安心感の醸成」と「Fun with Fans!を中心とする価値向上」で他の事業者との差別化を図っていきたいと語りました。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
安心して乗り換えできるサービスの具体例として、「通話定額30/60」や端末ラインナップの充実、スマホ操作アシストなど、これまでの取り組みを紹介しました。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート

併せてmineo専任スタッフが常駐するアンテナショップもその強みとしています。関西を中心として展開してきたアンテナショップが、東京・渋谷にもオープンしmineoブランドの体験やコミュニティーづくりに活用していくとのこと。

 

第2部は「mineoを考える」と題して、来場者の質問に答えるディスカッションが行われました。来場者からはIT記者さながらの高度な質問や意見が寄せられ、mineoファンのMVNOに帯するリテラシーの高さを垣間見ることができました。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート

中には、「mineoのイメージキャラクターがベッキーさんから、なぜ葵わかなさんに変更したのか?」といった質問も寄せられ、少しホッとしました。この質問には「あまり”色”の付いていない女優さんがいいなということで、年齢が若くこれから活躍されそうな方ということで選びました」と説明し、その舞台裏は結構ドタバタとしていたことを明かしました。

第3部は「MVNOを議論する」と題して、mineoの森氏と、グループマネージャーの上田晃穂氏に加え、ゲストとしてインターネットイニシアティブ(IIJ) ネットワーク本部技術企画室 担当課長の佐々木太志氏と広報部 技術広報担当課長の堂前清隆氏を交えてトークセッションが行われました。

ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。