ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

THE NOVEMBERSがacid androidとの共同企画にてL’Arc〜en〜Cielの「cradle」カバーを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月11日(木・祝)に川崎CLUB CITTA‘で開催されるacid androidとTHE NOVEMBERSのコラボイベントにて、THE NOVEMBERSがL’Arc~en~Cielの楽曲をカバーすることが発表された。

今回、THE NOVEMBERSがカバーする楽曲は、yukihiro作曲の「cradle」。彼らが公の場でL’Arc~en~Cielの楽曲をカバーするのは初めてのことになる。L’Arc~en~Ciel好きを公言している彼らが、どのような解釈をしてこの曲をアレンジするのか、また一つ見逃せないステージとなるに違いない。

また、この日限定のspecial sessionで演奏する楽曲もacid android/THE NOVEMBERSそれぞれofficial twitterで発表されている。土屋昌巳(g)を筆頭に、vo: KENT(Lillies and Remains)、 b: 高松浩史(THE NOVEMBERS)、key: TOM(PLASTICZOOMS)、そしてdr: yukihiro という錚々たる顔ぶれでイギリスのスタジアムバンド・Depeche modeのカバーを行なうのだ。発表された楽曲は、「Never Let Me Down Again」「Enjoy The Silence」「Behind the Wheel」「Personal Jesus」「Walking In My Shoes」の全5曲。Depeche modeを通してつながった今回の出演者たち。どのようなイベントになるか、8月11日が待ちきれない。

なお、THE NOVEMBERSが自主企画「首」の7月公演のダイジェスト&次回予告映像を公開しているので、こちらも是非チェックしてほしい。

■acid android オフィシャルHP

http://www.tracksondrugs.com

■THE NOVEMBERS オフィシャルHP

http://the-novembers.com

【「cradle」カバーによせて/小林祐介】
THE NOVEMBERSとしてL’Arc~en~Cielの曲をカバーするなら「cradle」。昔からそう決めていました。

最初に聴いたのは中学二年生の頃で、当時の自分にとってそれは全く新しい音楽体験でした。

人は、音楽を聴くとき様々な感情が呼び起こされると思います。

楽しい、嬉しい、悲しい、寂しい、あるいは、怒りや憎しみ…。

ただ、そういったわかりやすく名前のつきやすい感情ではない

「得体の知れない静かな感情/心の動き」を初めて体験したのが「cradle」でした。

近い表現でいうなら、深淵で初めて自我と遭遇したような、そんな気分でした。それまで聴いてきた音楽と違う、

なんならそれまで聴いていたL’Arc~en~Cielのどの曲とも違う感動がある。

その正体が知りたくて数え切れないくらい「cradle」を繰り返し聴いていました。

この体験が、後に音楽を作るようになる自分へ与えた影響は計り知れません。

音楽を、単なる娯楽以上のものとして、特別な感情を抱き始めたきっかけだったかもしれません。

僕は相変わらずL’Arc~en~Cielの一ファンですが、今回一音楽家として、自分なりの回答をカバーという形で表現します。

作曲者であるyukihiroさんの目の前で。痺れるぜ。

『自主企画「首」7月公演ダイジェスト&次回予告映像』
https://youtu.be/svGjb20LlNg

「acid android in an alcove vol.8×THE NOVEMBERS PRESENTS 首」
8月11日(木・祝) 川崎CLUB CITTA’

open17:00 / start18:00 *close 22:00(予定)

※チケット発売中

<live act>

acid android / THE NOVEMBERS             

<special session>

g: 土屋昌巳 / vo: KENT(Lillies and Remains) / b: 高松浩史(THE NOVEMBERS) / key: TOM(PLASTICZOOMS) / dr: yukihiro

<dj act>

石野卓球

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP