ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刺青彫り師に弟子入りした植松容疑者 皆殺しを口にして破門

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」をたった1人で襲い、死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした植松聖容疑者(26)。

 昨年1月、ツイッターで植松は背中一面の刺青の写真を掲載し、〈会社にバレました。笑顔で乗り切ろうと思います〉とツイート。それから5か月後の昨年6月には〈副業を始める〉と宣言した。

 友人によれば、副業とは、植松が尊敬する彫り師に弟子入りし、本格的に彫り師修業を始めたことを指すという。同時期、相模原市内のクラブで深夜、朦朧(もうろう)とした様子の植松の姿が度々目撃されている。

「学生時代からクラブで合法ドラッグにハマっていた。“大麻を解禁するべきだ。大麻が世界を救う”と話す一方で、“革命を起こす”や“外国人観光客に日本が乗っ取られる”“フリーメイソンが世界を支配する”なんてことも語っていた」(遊び仲間)

 この頃、父親と同じ小学校教員の夢に代わって、彫り師になることが植松の人生の目標になっていたという。

 だが、植松が尊敬していた彫り師との師弟関係は昨年末頃、突然断たれてしまう。「空白の4か月」と重なる時期だ。植松が憧れた彫り師の友人が話す。

「師匠だった彫り師が植松を“破門”にしたんです。言動がおかしく、会話もままならない状態だった。とくに“障害者を皆殺しにすべきです”と告白したことに彫り師は怒ったようです。ドラッグの使用が濃厚だったため、彼は植松との関係を断ち切った」

 植松の背中の刺青が“スジ彫り(色の入っていない状態)”で放置されているのはそのためだという。

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
植松容疑者の犯行予告代筆断った友「本当に実行するとは…」
リア充だった植松聖 両親の反対無視で刺青増やし関係悪化
大阪職員御用達の彫師「私は入れ墨彫った先生何人も知ってる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP