ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・鈴木マキコ「日本死ね!!!」の言葉の強さに共感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫とうまくいかないカトリック系短大を卒業した奥さまは「きれいごとしか知らないシスターが結婚を教えるなんてそもそも間違っている」と心で吠え、ガミガミうるさいと夫からとがめられた母親は「学校からあれこれ言われて、すいませんって言うのは、わたしだよ」とかみつく。

 そうだよ、そうだった! 「そうそう」と「あるある」が交錯する小説『逆襲、にっぽんの明るい奥さま』(小学館)を書いた主婦作家・夏石鈴子(改め、鈴木マキコ)さん(53才)は、

「心の中は自由ですが、だからといって、口に出しちゃおしまいですからね」

 とクギを刺し、そして続ける。

「そういう思いを引き受けようと思って書きました。日本中の奥さまの気持ちを成仏させなければって(笑い)」

 そして話題は少し前の、「保育園落ちた、日本死ね!!!」とネットに書き込んだ母親のことに及んだ。

「確かに“日本死ね”っていう言葉は汚いかもしれない。けれど、“保育園に落ちちゃったんです、どうしましょう”って書いたところで、誰も注目してくれませんよ。怒りとか悲しみって、汚い言葉でしか語れないことが多いのかもしれません。そういう苦しみや怒りを、私はこれからも、はっきり文字にしていきたいんです」

 だからこそ、奥さまにはぜひ読んでもらいたい。そして夫たちにも、ぜひとも読んでもらいたい、とも言う。

「これを読めばきっと、“うちの奥さんはいつもなんであんなに不機嫌なのか?”という謎が解けると思います(笑い)」

 確かに、夫の通勤バッグにしのばせておくのがいい気がする。だって、奥さまの掛け値なしの本音が詰まっているのだから。

「私だって小説を書いたからって、魔法がかかったみたいにツルッと、いい世の中になるとは思いません。でも、“じゃあ、何で小説を書くの?”って聞かれたら、現実に立ち向かう人の力になるといいなって、祈りながら書いてるんです」

 書く手段を持たない圧倒的多数の主婦たちに代わって、鈴木マキコは今日も書いて書いて書きまくる。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
綿矢りさ 小説を書くのは月-金の朝から昼、そして夜
3年ペースで新刊を出す綿矢りさ 夢は大長編を書くこと
夫の新年の目標「切磋琢磨」に天然妻 「琢磨さんって誰?」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP