体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京のカフェに飽きたあなたへ。軽井沢にある築百年のカフェは、流れる時間が超上質だった。

東京のカフェに飽きたあなたへ。軽井沢にある築百年のカフェは、流れる時間が超上質だった。 f:id:Meshi2_Writer:20160611194149j:plain

軽井沢というと、高級別荘地という印象が強いですね。別荘地としての歴史が始まったのは明治20年頃と言われています。

今回訪れるカフェは大正9年、とある実業家によって建てられた邸宅を改修したものです。

北軽井沢、ナラの森のなかで過ごすカフェタイムは、東京のそれとはまったくの別物でした。

ここに建てる!? 実業家が求めた静かすぎる環境

f:id:Meshi2_Writer:20160611193440j:plain

軽井沢駅でレンタカーを借りて約40分。「LUOMUの森」という静かな森のなかに洋館カフェはあります。

40分のドライブ、東京では「集中する時間」ですが、軽井沢のドライブは風が気持ちよく、穏やかな時間でした。

f:id:Meshi2_Writer:20160611193500j:plain

ゲートをくぐると……。巨大なツリーハウスが。これは目的のカフェではありません。

これはこれですごいのですが、さすがに実業家の邸宅ではありませんね。

f:id:Meshi2_Writer:20160611193601j:plain

森の木をそのまま使ったアトラクションがありました。

夏に向けての練習でしょうか、指導員さんが遊具の使いかたを案内する練習をしていました。

これは大人でもときめけそうな設備ですね。

f:id:Meshi2_Writer:20160611193616j:plain

高所が苦手な人はこちらのトランポリンをどうぞ。

f:id:Meshi2_Writer:20160611193630j:plain

これらの施設の中央にでーーんと構えるこの建物こそ、実業家の邸宅をリノベーションしたカフェ「百年の洋館」です。入り口から少し冒険したような感覚ですが、実際歩いて1分もかかりません。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。