体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋に不慣れなP子の恋愛実況中継【3回目テスト期間中の図書館デート編】

恋に不慣れなP子の恋愛実況中継【3回目テスト期間中の図書館デート編】

みなさん、恋の駆け引きしてますか?

男性の狩猟本能を掻き立てるような駆け引き上手な女になりたいものです。

これは恋に不慣れなP子が、恋の神様マハカラに助けられながら、恋愛を成就させるために試行錯誤しながらデートをするお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週はテスト期間。

P子「はぁ、会いたいなぁ。これが恋煩いってやつかしら。さすがにテスト期間にデートに誘うのは迷惑だよね…。ってゆうかそもそも私、数学がやばすぎてデートしてる暇なんてないんだったあああああ

マハカラ神「P子よ、勉強もデートにしてしまえばいいではないか。」

P子「なるほど!一緒に勉強すればいいのね!そういえば彼、数学で学年トップだったわ!勉強も教えてもらえるから一石二鳥…!さっそく誘ってみよっと。」

P子「場所はどこがいいんだろう?家に呼ぶのはまだ早いわね、きっと引かれてしまうわ。やっぱり図書館かな。」

マハカラ神「学校の近くの図書館だと知り合いがたくさんいそうじゃのう。」

P子「確かに…彼君は私なんかと一緒にいるところを知り合いに見られたら恥ずかしいかもしれない…。」

マハカラ神(ネガティブ!w)

悩んだ末、バスで片道180円で行ける隣町の図書館にすることに。

~当日~

P子「テスト期間中なのに誘ってごめんね、数学が全然分からないから教えてほしくて……」

彼「もうテスト勉強はだいたい終わってるから大丈夫だよ。」

P子(まじかよ)

向かい合って座るP子と彼。

マハカラ神「対面で座るのは相手に対する反発心が潜在心理にあることを意味しているのじゃ。だから対面で座るよりも、横並びで座ったほうが距離が縮めやすいぞ。」

P子「ここの問題教えてほしいんだけど…」

教えてもらうという名目で、さりげなく彼の隣に座るP子。

彼「ここがこうで、こうなるから……わかった?」

マハカラ神「ここで、男性を喜ばせる『さしすせそ』じゃ。『さすが』『信じられない』『すごい』『そうなんだ』を使って相手を褒めるのじゃ。」

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。