ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソニーの人気モデルXperia買取事情とスマホ買取の基本知識

  • ガジェット通信を≫

ソニーのスマホは高く売れますか?


photo by Kārlis Dambrāns

ソニーの人気スマホと言えばXperia(エクスペリア)。前後両面をガラスで覆おい、角を丸くしたスマートなデザインが人気です。中古市場を見ると、人気ランキング上位は全てiPhoneが独占状態ですが、防水・防塵機能、microSD機能など、搭載する性能の高さではiPhoneに大きく差をつけているといえます。

ここでは、アンドロイドスマホの中では一番人気のXperiaを例に、買取業界の裏側やスマホ買取に関する基本知識をまとめました。

Xperiaの買取価格

ソニースマホの中でも人気の高い「Xperia」の買取について、どんなお店に売るとお得なのかを比較してみましょう。査定する端末は「Xperia Z1 SO-01F」の黒色です。

全国展開のチェーン店舗と無店舗買取の違い

日本全国に実店舗を展開する大手買取チェーンA店の査定額は、23,000円でした。
この価格が安いか高いかは、本体の状態や売り主の価値観によって違いますからコメントは差し控えますが、スマホ買取業界の中で言えば、至って相場通りといったところです。

次に、実店舗を持たず、買取センターに集中させて査定を行うB店の査定はというと・・
37,000円。

なんと、先ほどのA店とは14,000円もの差額が出ています。

店舗運営コストと査定額への影響

買取店のウェブサイトを見ると「コストを削減した高額査定」という言葉が度々登場します。この『コスト』とは一体何を指しているかご存知ですか?

実店舗を持つ買取店では、店舗の家賃・人件費・光熱費・広告料、こういった費用は全て運営コストです。更に、送料無料サービスや宅配キットの事前送付サービスを実施しているお店だったら、無料キットの送料とダンボール代、着払い送料、キャンセル時の返送料、買取代金の振込手数料など、これらもコストの中に含まれています。

これに対して、買取センター集中型の無店舗買取店の場合、店舗運営コストが一切かからないため、高く買取しても十分利益が確保されるという仕組みです。そのため、中には、商品送付に手持ちのダンボールを使えばボーナス査定というショップもあります。

今さら聞けないスマホ買取でよく聞く言葉


SIMフリー

ドコモ・ソフトバンク・auなどのキャリア制限無しに端末が利用できます。SIMフリー端末なら、国内キャリアはもちろん海外SIMや格安SIMを利用することができ、月々のスマホ代金を半額以下にすることも可能です。

ただし、通信設定を自分でする必要があり、初心者には少々ハードルが高いかもしれません。また、全てのキャリアで通信検証が行われているわけではないので、通信スピードが遅かったり接続できないなどの可能性もあります。

白ロム

スマホは、SIMカードで契約者情報を管理しています。そのSIMカードを抜いた状態の端末を「白ロム」といいます。一般的な中古スマホショップで販売されている端末は、白ロムです。

白ロムとは、つまり中古品。そのため、白ロム購入時には、次に説明する「赤ロム」に変わるリスクがあることも知っておく必要があります。特に、オークションで購入した場合にトラブルが多いので注意しましょう。

赤ロム

元の所有者が、端末の分割代金を完済しないまま手放すことがあります。売却した後も代金を払い続ければ問題はありませんが、キャリアへの支払いが滞ると、キャリア側は端末にロックをかけ通信ができない状態にします。購入時には問題なく使えていた端末が、元の所有者が支払いをストップした途端に、その端末は使用できなくなってしまいます。

こういったロックがかけられた状態の端末を「赤ロム」といいます。多くの中古販売店では、赤ロムは販売しないようにしていますが、万が一、購入した端末が赤ロムだった場合に備えて、代金の返金対応をしてもらえるショップを選ぶようにしましょう。

スマホ高価買取おすすめ店紹介

ネットオフ宅配買取

実店舗を持たずに店舗運営コストを削減、宅配買取に特化したスマホ買取店です。15時までに申込めば当日集荷。家から出ることなくスマホ売却が可能です。不安なセキュリティに関しても、データ消去システム「Blancco」で完全消去を行います。
取り扱い商品は、スマホ・タブレットなどのデジタル通信機器だけでなく。ゲームソフトやDVD、ブランドバッグ・楽器・ゴルフクラブ・フィギュアなど多彩。売りたい商品をまとめて箱に詰めるだけ。部屋の中をまとめて整理したい時におすすめです。

Smarket

日本全国に1000店舗以上の店舗を持つ「ゲオ」が運営する買取店です。ウェブサイト上から買取申込をすると、端末ごとの最高買取価格と最低買取価格を確認することができ、透明性の高い見積もり査定ができるシステムなので安心です。データ消去に関しては、端末ごとの特性に合わせたデータ消去ソフトを使って専任スタッフが完全に消去を行います。
故障・破損・水没・改造など本体にトラブルがある端末、海外製品・赤ロム品・SIMカード非対応など、買取できない端末があるので、事前にウェブサイトで確認してください。

スマホ買取前にしておくことまとめ


データのバックアップ保存

スマホの査定を受ける前には、必ずデータのバックアップととっておきましょう。
現在使用中のスマホを査定する場合には、本体をチェックする際にデータが消えてしまう可能性があります。査定前にお店でも必ず確認されますが、もしも大切な画像やデータが全部消えてしまったとしても、お店ではデータ復旧や保障などは一切してもらえません。

データ消去

売却を決めたら、お店に持ち込んだり送ったりする前に、本体を初期化しておきます。スマホの中には、大切な個人情報が満載です。初期化しても消えずに残ってしまうデータもあるため、情報漏えいが不安な方は、専用機器を使って完全消去してくれる買取店を選びましょう。

Felicaの初期化

意外に忘れがちなのが、『おサイフケータイ』の初期化です。おさいふケータイを使用していた人は、本体内部のICチップ(Felica)の初期化は必ず行いましょう。
Felicaの初期化方法については、ドコモやauショップで行います。ドコモの場合は、専用の機械を使って自分で処理することになります。

まとめ

スマホを下取りではなく買取店に売却するとなると、新たに購入するところとは別のお店の売るというのが面倒と感じるかもしれません。それともう一つ、セキュリティという面で不安という人は多いと思います。

しかし、先の項で説明したとおり、買取店によって10,000円以上もの違いがありますから、面倒なんて言っている場合ではないですよね!
セキュリティ面の不安に関しては、買取店でデータ消去について確認して、少しでも不安な対応をされるお店では売らないことがポイントです!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP