ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒×青ゴスロリブランド★モワ・メーム・モワティエ★買取まとめ

  • ガジェット通信を≫

モワ・メーム・モワティエとは

出典:Moi-même-Moitié
カリスマ・ヴィジュアル系バンド「マリスミゼル」、「モワディスモワ」のリーダー兼ギタリストを務めるミュージシャンのManaが1999年設立したゴスロリブランド「Moi-même-Moitié」(モワ・メーム・モワティエ)。

黒とブルーをベースに、十字架や棺、コウモリなどの中世の妖艶な雰囲気を感じさせる可愛く美しいゴシックスタイルが特徴で、女性的なエレガント・ゴシック・ロリータと、より中世的なエレガント・ゴシック・アリストクラットの2つのラインがあります。今回は、買取で人気のMoi-même-Moitiéについて、抑えておきたいポイントをまとめました。

モワ・メーム・モワティエを売る方法


photo by Stefan Schubert
古着を売る方法は、自分でネットオークションやフリマサイトで売るか、古着買取店で買取してもらう2つの方法がポピュラーです。古着買取店のなかには、委託販売を扱うお店もあります。また古着買取店はたくさんありますが、モワ・メーム・モワティエの服を売るには、ロリィタやゴシックブランドに関しての知識をきちんと持ち、あなたのロリータ服の価値を理解してくれるロリータ、ゴスロリブランド買取専門店で買取してもらうのがベスト。

ただし、人気のアイテムや未使用品などで必ず落札されると確信が持てるものに関しては、ネットオークションに出品するのが最も高値で売る方法かもしれません。ライフスタイルと売りたいアイテムの数によって、買取店が良いか、ネットオークション出品が良いか判断しましょう。

ネットオークションのメリットとデメリット

メリット
・自分の希望の価格をつけられる
・落札者とやりとりできる
・比較的高値になりやすい
・商品説明を丁寧にできる
・買取店で買取対応していないアイテムも売ることができる

デメリット
・売りたい点数が多いと作業が煩わしい
・実際に売れるか不明
・落札希望者とのやり取りやクレーム対応に時間が掛かることもある
・商品発送が手間

古着買取店のメリットとデメリット

メリット
・売りたい時に簡単に売れる
・点数が多くても、「宅配買取」や「出張買取」を利用すれば自宅にいながらにして売ることができる
・季節外れのアイテムでも売れる

デメリット
・買取価格が低い場合もある
・靴下や水着など買取対応していないアイテムもある

モワ・メーム・モワティエの買取価格


photo by vincent lee
古着買取店で人気のあるモワ・メーム・モワティエのアイテムは、コーディネートの主役になるワンピースと流行に関わらず長く使用できるバッグです。買取相場は、ワンピースが5,000円から15,000円ほど

販売時期から数年経た古いものでも、状態が良く、人気のワンピースは高値で買取されています。またManaや有名人が雑誌等で着用した洋服も人気で、高値で買取されています。その他、ブラウスの買取相場は2,000円~3,000円。バッグの買取価格相場は5,000円~1万円です。

ロリータやゴシックブランドの買取をするお店には、買取価格を載せているサイトもあります。ただし紹介している価格は、すべて未使用か、ほぼ未使用の状態の良いものに限られ、付属品もすべて揃った完品での買取価格です。気になるモワ・メーム・モワティエの買取価格の一部をご紹介しましょう。

・アークエンジェルプリントワンピースの買取価格は11,500円
・ステンドグラスプリントシフォンワンピース(黒×ネイビー)の買取価格は2万円
・ネットプリントワンピースの買取価格はネイビー2万円(店によっては、ネイビー28,000円)
・ブルーローズジャンパースカート(全色全型)の買取価格は22,000円(店によっては、26,000円)
・薔薇十字架プリントワンピース(黒×白)の買取価格は38,000円
・アイアンゲートプリントワンピースの買取価格は全色41,000円

・飾りレーススカート(全色)の買取価格は6,000円
・オーバーチュールコルセット (黒×ネイビー)の買取価格は8,000円

・ナイロン製 コウモリバッグ (黒)の買取価格は8,000円
・サイレントムーンプリント ハンドバッグの買取価格はシルバー1万円。ゴールド7,000円

・青薔薇オーバー二―ソックスの買取価格は全色1,000円
・コウモリ傘(全色)の買取価格は5,000円
・ジュエリー十字ペンダント(全色)の買取価格は4,000円

モワ・メーム・モワティエの実際の買取価格

買取店には、未使用品以外の使用感のあるアイテムの実際の買取価格が掲載されているサイトもあります。概ね定価の1/3ほどの買取価格ですが、人気の無い色は買取価格が低い傾向があります。

・棺バッグ 定価54,600円 黒 持ち手が劣化し、全体に痛みや傷、擦れがあるバッグの買取価格は15,500円
・定価35,700円のワンピース(白×青) 着用感やや有りの買取価格は13,000円
・定価32,550円のサンドレス(白×白) タグ付き未着用の買取価格は6,800円
・定価25,200円のプリントスカート(黒×青) 着用感若干ありの買取価格は7,400円

モワ・メーム・モワティエの買取価格を上げるコツ


photo by chripell
せっかく大切なモワ・メーム・モワティエを売るなら、より高値で買取してもらいたいもの。ここでは、買取店でより高値で買取してもらう方法をご紹介しましょう。

複数のお店で仮査定

ロリィタ、ゴスロリブランド買取店では、事前査定や仮査定をしてもらえるお店もあります。写真を添付してメールやLINEで仮査定してもらえるお店もあり、より実際の買取価格に近い価格が分かるので、買取価格の参考にしやすいでしょう。

他店での本査定表があると、その価格より買取価格をあげてくれるお店もあります。人気の色、柄で、状態の良い洋服は特に1つのお店ですぐ買取してもらうのではなく、複数店舗で見積もりをしてもらいましょう。

参考記事:【完全保存版】ロリータ、ゴシック買取のおすすめ店5選 

在庫状況で買取価格は異なる

買取店の多くは、買取強化アイテムを毎月発表しています。季節や人気、在庫状況で価格は変動し、複数アイテムが集まると掲載している価格より買取価格が安くなることもあるので気をつけましょう。

カラーで買取価格は違うことも

ワンピースなど、色違いで買取価格に差があることも多くあります。他店では、全色同じ買取価格の場合もあるので、色々なお店をチェックするのがポイントです。

キャンセルについて確認する

実際に売りたいアイテムを査定してもらったら、思ったより買取価格が低かったということも。実際にお店で買取してもらう「店頭買取」はその場でキャンセルしやすいですが、「郵送買取」はキャンセル時の返送料、返送方法に差があるので確認しておくと、気持ちよく取引できます。

キレイにしてから査定

未使用品以外は、きれいに洗ってから買取してもらいましょう。ペットの毛やシミなどの汚れのほか、きつい香水やペット、タバコ、カビなどの強い匂いも減額対象です。バッグなどの洗えないアイテムは、乾いた布で拭き、ポケットなどのゴミや汚れも丁寧に落とし、日蔭に干してで空気を通すだけでかなり違います。

モワ・メーム・モワティエ買取おすすめ店

モワ・メーム・モワティエの買取に力を入れている、ロリータ、ゴスロリブランド買取・販売専門店を2つご紹介しましょう。

うさぎ洋品店

出典:うさぎ洋品店
原宿駅から徒歩9分の場所に実店舗があるお店です。今回調べた中では、最も買取価格が高く、メールで事前査定してもらえるのでお問合せしてみましょう。買取方法は「店頭買取」と「宅配買取」です。ただし、店頭買取は土曜日~月曜日の日中のみ対応可能で、日時完全予約制。10点までしか買取できないので気をつけましょう。

お店のある原宿から遠い場所に住む方や、売りたいアイテムが多い方は「宅配買取」利用がおすすめです。モワ・メーム・モワティエの買取は送料無料ですが、売るアイテム数が少なかったり小物だけだと送料が掛かる場合もあるので、メールでお問合せしてください。あらかじめ問い合わせしないとキャンセル時返送料が掛かることもあるので、事前査定を必ず利用しましょう。

アリスとふるるん

出典:アリスとふるるん
利用した方の口コミが良いお店です。送料、キャンセル時の返送料、手数料はすべて無料。無料宅配キットも利用できます。常に利用できる買取方法は「宅配買取」のみ。発送後、2日~6日ほど査定に時間がかかります。急いでいる方は、急いでいる旨と荷物がいつ到着するかをあらかじめ伝えるとスムーズに取引できます。

実際に買取できるか、また大よその買取価格などのお問合せ先は携帯電話の他、LINE、カカオトークにも対応しています。現在、モワ・メーム・モワティエの買取強化中で、古いものも買取してもらえ、1点ずつ査定してもらえます。

モワ・メーム・モワティエ買取まとめ

怪しげな雰囲気が魅惑的なモワ・メーム・モワティエは、ブランドテーマのブラックとブルーの色が特に人気です。ただし、最近はよりクラシカルな白地にピンクのワンピースも人気の模様。ご自宅に、モワ・メーム・モワティエのワンピースやバッグは眠っていませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP