ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロンドンのインタラクティブ系マップ「London Picture Map」が登場!古い写真と絵で街の歴史をたどろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

古い写真と絵で街の歴史をたどる、ロンドンのインタラクティブ系マップ「London Picture Map」

英国の首都ロンドンは、長い歴史と伝統を持つ、代表的な都市。

中世には商業都市として栄え、近代以降は世界の金融都市としてグローバル経済を支えてきた。

芸術や文化、ファッション、音楽などの分野でも世界を牽引している。

では、ロンドンの街は、いったい、どのように変遷してきたのだろうか。

・8万点以上の写真や絵をオンラインマップで整理

ロンドン市公文書館(LMA)は、2年もの製作期間を経て、2016年7月21日、ロンドンの写真や絵画などをオンライン地図でマッピングした「London Picture Map(ロンドン・ピクチャーマップ)」を公開した。

ロンドンの美術館「ギルドホール・アート・ギャラリー (Guildhall Art Gallery)」とロンドン市公文書館が所蔵する8万点以上の写真や絵画、図画、ポスターをデジタル化し、場所を特定するためのジオタグを埋め込んで整理。

道路や場所の名称を検索すると、該当するエリアの写真などが表示され、時系列で並び替えたり、検索結果を印刷することもできる。

・街の歴史をオンラインマップでさかのぼってみよう

「London Picture Map」と同様、古い写真をデジタルアーカイブ化し、オンラインマップで整理したものとしては、ニューヨークでも、2015年5月、インタラクティブなオンラインマップ「OldNYC」がリリースされている。

時代ごとの要請に応じて変化してきたロンドンの街を、時間をさかのぼって眺めてみると、新たな発見があるかもしれない。

London Picture Map

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP