体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花火大会でキメる 浴衣に合うヘアアレンジ ロング編

花火大会でキメる 浴衣に合うヘアアレンジ ロング編

「今年こそは浴衣で花火大会に行きたい!」そんな風に意気込んでいる女子もいるのでは?

 

この夏は男の子を誘って、いつもと違う自分をアピールしてみるのもいいかも。

 

そんな大事な日には、ヘアスタイルもしっかりキメたいと思うのが乙女ごころ。

 

そこで浴衣に似合うヘアアレンジ企画第3弾!

 

アレンジを教えてくれるのは数多くの芸能人やモデルを手がけるヘアサロン「LOVEST銀座 by air」の副店長・長門政和さん。

【ショート】【ミディアム】に引き続き、今回は【ロング】のアレンジをご紹介。

 

花火大会でキメる 浴衣に合うヘアアレンジ ロング編

 

(必要なもの)コテ・ワックス・ヘアゴム・リボン

 

【STEP1】髪の中間から根本までを、32mmの太めのコテでしっかりと巻く。

 

「巻く時は内巻きと外巻きのミックスで。ロングの人は、髪の重さでカールが取れやすいので、巻き終わったあとはワックスをしっかりつけるようにしましょう。ワックスを手の平にとり、両手をこすり合わせてしっかり伸ばしてからつけると、ダマにならず、ベタついた仕上がりになるのを防げます」

 

【STEP2】サイドに寄せ、くるりんぱをする。

 

(1)前髪の流れと同じ方向に髪を寄せて一つに結びます。

(2)結び目の上を二つに分けて、

(3)毛束をその中に入れ、くるりんぱをします。

(4)最後に、毛束を二つに分けて一度ぎゅっと締めるのがポイントです。

「こうすることで、ねじった髪が広がってボサボサとした印象になるのを防ぎます。一度きちんと締めてから、結び目のゴムを少し下げてゆるめると、つっぱった髪の毛にも余裕ができ、キレイな仕上がりになります」

 

花火大会でキメる 浴衣に合うヘアアレンジ ロング編

 

【STEP3】2カ所をゴムで結ぶ。

 

花火大会でキメる 浴衣に合うヘアアレンジ ロング編

 

【STEP4】毛束の中間、下部分をゴムで結ぶ。

 

「毛束がだいたい3等分になるように、中間と下の2カ所をゴムで結びます。結んだあとは、ゴムとゴムの間が丸い形になるように、髪の毛を引っぱり出してほぐしていきます。このヘアアレンジでは、片方にまとめた髪のほうだけにボリュームを出したいので、後れ毛は残さずスッキリ仕上げるのがオススメです」

 

花火大会でキメる 浴衣に合うヘアアレンジ ロング編

 

【STEP5】結び目にリボンをつける。

 

「ゴムで結んだ2カ所に、リボンを結びます。今回は、あえてヘアアクセではなくリボンを使用しました。5mmほどの細めのリボンが、華奢で女のコらしく見えるのでオススメですね。浴衣用の髪飾りは比較的高価ですが、リボンなら数十円から購入できるのでいろいろ集めて楽しんでもよさそう。帯の色と合わせるとオシャレな印象になりますよ」

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。