ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏遊びの切り傷・擦り傷・虫刺されには“ドクダミ”が万能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ドクダミ”は、古来、生薬として用いられてきた薬草で「十薬(じゅうやく)」という名前が付くほど、いろいろな効果があります。生薬というと敷居が高い感じもしますが、ドクダミ茶やドクダミ化粧水など、私たちにとっても案外身近なものかもしれません。ドクダミの薬効は、老廃物や毒素を体外に排出する強力なデトックス効果ですが、生の葉を用いれば切り傷や擦り傷、虫刺されにも使えるんですよ。

皮膚トラブルには“ドクダミ”! 臭い成分に殺菌効果が!

ドクダミはドクダミ茶として内服することもできますが、もともとは皮膚トラブルに外用として用いることの方が多かったのです。ドクダミの草はご近所の庭先でも見かけることが多いと思いますが、葉っぱ1枚でも、その臭いは強烈。臭いのもとは、デカノイルアセトアルデヒドやラウリンアルデヒドという成分です。これらの成分には強い殺菌作用があり、傷口の雑菌はもちろん、水虫の白癬菌を除去するほど強力なのです。さらには、豊富に含まれるクロロフィル(葉緑素)が傷口を素早く修復し、皮膚の再生を促し、膿(毒素)を吸い出してくれるので、皮膚トラブルの回復が早くなるのです。

生の“ドクダミ”の葉を使うには?

ドクダミは繁殖力が強く、あちらこちらの庭先で見かけることも多い草です。それだけ生の葉を調達しやすいとも言えます。外用として用いる場合は生の葉を、内服の場合は乾燥したものを用います。デカノイルアセトアルデヒドやクロロフィルは乾燥させると失われてしまうので、乾燥したものは外用には向きません。外用として用いる時は、生の葉を良く揉んで汁を出し、柔らかくなったら患部に貼り付けるだけでOKです。また、生の葉をすり鉢で潰し、ガーゼで絞った汁を用いても構いません。

“ドクダミ”で対応できる皮膚トラブルはこんなにある!

ドクダミは夏遊びでついできがちな皮膚の擦り傷・切り傷に効果があります。もちろん虫刺されにもOK。それだけでなくしつこい水虫にもドクダミが効果的なのです。夏は湿気が強く水虫に悩まされることが多い季節でもあります。そんな時は、ドクダミの生葉をすり潰した汁を直接患部に貼付しましょう。足湯の入浴剤として用いても効果的です。また、おできや吹き出物も、ドクダミの生葉をつぶして直接患部に貼っておくと、毒を吸い出してくれます。

いろいろな皮膚トラブルに使えて重宝なドクダミですが、外用だけでなく、乾燥させた葉を煎じたドクダミ茶を飲んでもお肌に効果的です。デトックス効果が高いので、ニキビや吹き出物が少ない肌質に変わっていきますし、アトピー性皮膚炎やアレルギーなどの皮膚疾患にも効果があると言われているんですよ。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP