ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】人間本来のありのままの気持ちを伝える!濃密なコミュニケーションをかなえる新感覚SNS「Emotion」に接近

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSの最大の功績は、他者とのコミュニケーションを身近で気軽なものに変えたこと。

しかし、大半のサービスには、人間本来のリアルな気持ち―会いたいという思いや感謝の言葉を、うまく伝えきれていないところがある。不特定多数のユーザーがいる場で、本当の気持ちをさらけ出すのは勇気がいるもの。インターネットが心の障壁となって、立ちふさがっているのだ。

「Emotion(エモーション)」は、そうした壁を取り払う新感覚のアプリ。時として自分を偽らなければならない従来のSNSとは一線を画す、シンプルで濃密なコミュニケーションサービスだ。

提供元は、同名の企業Emotion。正式版リリースを控え、大忙しの代表取締役、高田 優太(たかだ ゆうた)氏をキャッチした。

・わき出る気持ちをそのまま伝えるクローズドなSNS

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

現代のネットコミュニケーションではちょっとした会話にチャットを、雰囲気を伝えたければ画像・動画を、直接やりとりするなら電話というように、TPOに対応したサービスがすでに数多く存在していると思います。

ただ、そういった従来のサービスでは、気になっている女の子に「会いたい」と伝えたいとき、うまく伝えきれないもどかしさがあります。相手にもっとうまく気持ちを伝えることができないだろうか、相手のことをもっと知ることはできないだろうかと、思ったのがきっかけです。

Q2:従来のSNSとの決定的な違いは、どこにあるのでしょうか。サービスの仕組みや特徴も交えて、お話しください。

従来のSNSと決定的に違うのは、ユーザーが気兼ねなく相手に気持ちを贈れることと、相手が自分をどう思っているのか感じ取れるユーザー体験を提供している点です。(中略)

(さまざまな気持ちを伝えるため)従来のテキスト、スタンプ、画像・動画に加えて多彩な表現の手段を考案しました。これらを用いることで、最大限その”気持ち”を伝えることができます。

(もう1つ特長として挙げられるのは、)ユーザー同士の関係性を可視化していることです。心理学に基づいた解析を取り入れることで、友人とのリアルなつながりをサポートし、お互いの心情を把握できるようにしています。

・ネット上の郵便屋さんになれるようなサービス

Q3:このサービスを、日常のどんな場面で使ってほしいとお考えですか。

実生活でつながりの深い友人同士で、利用してもらうことを想定しています。(中略)時や場所に関係なく、(中略)誰かに話しかけたいときにわき出た気持ちを、ありのまま表現するために使ってもらいたいですね。

僕らが作っているのはチャットではなく、一方通行性の高いメールや手紙を、より簡易化したものです。そういった意味では、日常のささいなことを、より気楽に相手に伝えられると思っています。

Q4:SNSはんらん時代の今、「Emotion」はどのようなサービスに成長していくのでしょうか。未来への展望をお聞かせください。

コミュニケーションは、人が直接会う(Face to Face)をベースとしながら、遠方への手段は6世紀以前から、木簡、書簡、伝馬、郵便、電報、電話、メール、チャットというふうに変化を繰り返してきました。ただそんな変化の中で、いつも本質にあったのは、相手に何かしらの気持ちを伝えたい、という想いだったのではないでしょうか。

インターネットが主流となっている今だからこそ、(中略)人と人とのつながりを深めることに注力し、気持ちを届けながら、インターネット上の郵便屋さんになれるようなサービスにしていきたい、と思っています。

「Emotion」のリリース予定は、9月上旬。ピンク色のキュートなUIが解放される日を、楽しみに待ちたい。

Emotion

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP